電気ブランの香りを楽しむ

今日も昼間は風が強くて、そういう天気が続くみたいですね。
でも、歩いているとだんだんと暑くなってくるので困ったものです。

さて、おとといのことなんですけど、
新宿駅で乗り換えの時に少し時間があったので、
コンコースに出展されているお店を眺めていました。

そこで発見したのが「電気ブランレーズンサンド」です。

「電気ブラン」といえば、浅草にある「神谷バー」で有名なお酒。
その「電気ブラン」にレーズンを漬けたのものが挟まっているって。

ちょっと気になったので、4個入りだったんだけど買ってきて、
どんなものかと食べてみたら、これがすごくおいしかったのでした。

口に運ぼうとしたら、その時点で芳醇な香りが。
お酒臭い感じではなくて、本当に良い香りだけがやってきます。

レーズンサンドといえば、六花亭のバターサンドですけど、
それもまたおいしいんだけど、自分的にはそれをはるかに上回りました。

で、作っているのは浅草にある「製菓川喜多」というところで、
このレーズンサンドがおいしいのは、川喜多のものがもともとおいしいのか、
それとも、電気ブランに漬けたレーズンのおかげなのか、どうなのかなって。

そこで、一緒に売られていた「浅草レーズンサンド」も買ってきました。

普通のレーズンサンドは、ラム酒漬けのレーズンを使っていて、
値段は「電気ブランレーズンサンド」と同じなんですよね。

食べてみたら、やっぱり香りが違いますね。生地の部分は厚くて硬め。
食べ応えは「浅草レーズンサンド」の方がありますね。もちろんおいしいです。

いやー、でもやっぱり電気ブランの方の香りの高さはすごい。
食べ比べるとそれがまたよくわかりました。

ネットで買えるみたいですけど、店舗で置いているところは少ないみたい。
催事で見つけるのが早いのかな。

電気ブランは飲んだことがないし、たぶん飲めなさそうなんだけど、
こうやって香りを楽しむことができてよかったです。

見つけたらぜひお試しください。これは本当においしいです!