「Official髭男dism one – man tour 2021-2022 – Editorial -」

今日は連休最終日でしたね。ずっと連休の私には関係ありません。
普通の月曜日だなーって感じ。電車は土休日ダイヤですけど。

ということで、今日はまたお出かけしてきました。
今度はさいたまです。さいたまスーパーアリーナです。

先週に横浜でアジカンのライブに行ってきたわけですが、
今日はOfficial髭男dism(ヒゲダン)のライブに行ってきました。

彼らのライブはオンラインで2回ほど見たことがありましたが、
ライブ会場で見るのは今回が初めてでした。

なので、不安なところもあったんだけど、
なんとか楽しんでくることができました。よかったです。

周りのお客さんは女性多めだったけど、おじさんとかもいたしね。
初めてヒゲダンのライブに行ったって人も多かったみたい。

アンコールも含めたら2時間半とたっぷりな感じでしたが、
MCがほとんどなかったので、たくさん聴かせてもらえました。

でも、ライブはMCを楽しみにしているところもあるんだけどなー。
曲はCDを流せば聴けるわけだけど、MCはそうもいかないので。

なんだけど、アンコールの時にボーカルの藤原さんは、
「曲を聴きに来てるんだからしゃべってばっかじゃダメだね」と。

あら。そんなこと言ったら、某さださんはどうなるんでしょう。^^

話を聞きたければラジオを聞けということなのかもしれませんが。

演奏中は、拍手か手を振るかって感じで、
ロックバンドのような自由さはなかったんだけど、
かといって、まだかっちり決まっているわけでもないのかなという感じで。

そんなことも含めて、全体的に「若いなー」っていう印象でした。

よく見に行っているGLAYは年が7つくらい離れているし、
BUMP OF CHICKENやASIAN KUNG-FU GENERATIONはけっこう近いんですよね。

それに対して、ヒゲダンは10以上も離れているので、
そのあたりで受ける印象が他の方々とは違ってくるのかな。

何度か重ねて行けば慣れてくるのかもしれないけど。
ということで、初ヒゲダンを楽しんできました。何事もないことを願います…。