最後はかき氷と団子と美術館

夏休みもあと10日になってしまいました…。子どもみたいなこと言ってますが。
ただ、あっという間ではなかったですね。長かったなーという印象です。

そんな休み中に行ってきた軽井沢の話ですが、最終日(3日め)はゆったりと散策を。
というのも、この日に行こうと思っていた滝に前の日に行ってしまったので。

朝のうちだったら人も少ないだろうと、まずは旧軽井沢の商店街に。10時台は人もまばら。
ちもと総本店」というお店で甘味を。メインはお餅やお団子なんですが、かき氷も。

抹茶は苦く、下にあんこが隠れていてそれが甘いのです。いいコントラスト。
お団子ももちもちでおいしかったなー。あんこの方はそばだんご。自分はこちらが好みでした。

「ちもと」は箱根にもありますが、この軽井沢のお店からのれん分けしていったらしいです。
こちら軽井沢では「ちもと餅」というのを売っていて、それをお土産として買って来ました。

箱根の「湯もち」と同じく竹の皮に包まれているのでした。
「ちもと餅」はクルミゆべしな感じでしたね。それに黒糖の甘味が。おいしいです。^^

そのあとは、「軽井沢ニューアートミュージアム」へ。柄にもなく。
建物の前のベンチにおもしろい像が。よく見ると落書きのようなものが。わー、ひどい。

と思ったら、来場者に名前や記号を書いてもらうという趣旨のアート作品だそうで、
それにしてもやりすぎなんじゃないでしょうか…。

ミュージアムの1階は無料で利用できて、本もたくさん置いてあってゆっくりできました。
おもしろい本を見つけたのでここでちょっと休憩。

男子トイレはエレベータに乗って2階に。行ってみると、なんとこんなトイレが。
多目的トイレなんですけど、先ほどの男性の像と同じ作者の作品でした。使いづらそう…。^^

最後はちょっと足を伸ばして、「軽井沢チョコレートファクトリー」へ。
チョコレートを作る工程を見ることができました。見られているなかでの作業って嫌だろうな…。

ここではソフトクリームを。ラスクが乗っているのがうれしいです。このラスクも商品。

ということで、そろそろ帰りましょう。