カラスがいない

今日はあたたかかったですね。風がちょっと強かったけど。
でも、すぐにまた真冬の寒さが戻ってくるそうです。

さて、新しい生活にはまだまだ慣れていませんが、
先日、可燃ごみを初めて出しました。

朝に家の前に出す感じなんだけど、
それを置いて、駅まで歩いていく間にもいくつか置いてあって、
そこで、ふと思ったんですよね。

というのは、ゴミがそのままポツンと置いてあるわけです。

まあそりゃそうだろう、と思うかもしれないけど、
前に住んでいた家では、必ず鳥よけのネットに入れなきゃダメで、
入れないで出していると、見事に餌食になるのです。

なんだけど、新しい家の周辺ではそういうものがないみたいで、
今の家でも、そういったものを使うよう指示が出てないのですね。

まあ、前の家でも、入居時にはそんなことは言われてなくて、
途中から言われ始めたんだけどね。

それで、考えてみれば、周りにカラスがあんまりいないかとも。

以前は、朝とか夕方とか、けっこう鳴き声が聞こえていたものでしたが、
こっちに来てからはさっぱり聞かないかなって。

代わりに、小さな鳥は多めですかね。

これは何か違いがあるんでしょうかね。

この辺は一軒家が多いから、夜のうちにゴミを出す人がいなくて、
それで、あんまりカラスが寄り付かないのかもしれないですね。

逆に、向こうは1人暮らしの人も多いから夜のうちに出すこともあるし。

あとは、あちらは大きな駅が近くにあるので、
そこにはエサがいっぱいあるでしょうから、けっこう集まるのかな。

ってことは、あんまりカラスがいないのが普通で、
前に住んでいた地域が多めだったということなんでしょうか。

まあ、この辺は田舎だからねー。カラスも寄り付かないのでしょう。
来てくれなくていいですけどね。スズメと仲良くやりましょう。