ムスカじゃないよ

明日は金星の太陽面通過の日なんだけど、
残念ながら、台風の影響もあって東京は雨みたいですね…。

まあ、金環日食を見せてくれたから文句はないですけど、
できれば、ちょっとだけでいいから見せてもらいたかったなー。

さて、旅の話も終わって、当分は普通の記事に戻りますが、
今回は香水の話でもしてみましょうか。

自分自身は香水をつけることはありませんが、
最近は、けっこうつける人が増えてきた気がするのでした。

で、つけすぎている人というのも困ってしまいますが、
1つだけ、自分にとっていやな香りがあって、
それがいったい何なのかってのがずっと気になっていたのでした。

でも、香りは言葉で表現するのは難しいわけで、
誰かに聞こうにも無理ですよね。

その香りがした時に、その人に聞くわけにもいかないしね。

だいたい、おじさんがつけていることが多くて、
朝に駅とかでその人の後ろを歩くのがつらくてねー。

そしたら、昨日、職場でそれっぽい香りを漂わせている人がいて、
でも、どんぴしゃで嫌な香りだったわけじゃなくて、
残っている香りがちょっと嫌な香りに似ているなって。

ってことで、その子は年下ということもあって聞いてみました。
そしたら、ブルガリのプールオームというのをつけていると。

なぜかちょうど瓶ごと持ってきていたので嗅がせてもらうと、
ふたを開けて嗅ぐと別にいやじゃないのに、残り香がやな感じ。

ってことで、何の香りがこの香水には入っているのか調べてみたら、
トップノート:ダージリンティ シトラス
ミドルノート:ペッパー ローズウッド ガイヤックウッド
ラストノート:ムスク
ということなので、このムスクってのが怪しいわけですな。

ムスクってのは、麝香(じゃこう)の香りなんだね。
麝香ってのは聞いたことがあったけど、まさかそれが嫌な香りとは…。

まあでも、まだそれかどうかははっきりとは分からないんだけど、
今度、香水コーナーとかがあったら嗅いでみようかと思います。

で、調べていたら、けっこうムスクの香りが苦手って人は多いらしく、
自分だけじゃないんだなーって、ちょっと安心しました。

つけている本人からしたら、いい香りだと思ってつけてるんだものね。
なかなか難しいところですよね。