の・ボールミュージアム

台風が近づいてきていますね。なんともまずいなー。
そのあたりでいつものところに行こうかと思っていたんですが。

そういえば、昨年も朝からけっこうな雨が降ってたんだよな。
今年も雨の中を行かねばならないのでしょうかね。

さて、旅の話は最後の地、松山までやってきます。

宇和島を後にして、松山まで向かったわけですが、
松山はあんまり見るところがないということで、
途中、伊予市で各駅停車に乗り換えて、市坪駅へ。

この駅は別名「野球(の・ボール)駅」と呼ばれているのですが、
目の前には「坊っちゃんスタジアム」があるのです。

ちょうど高校野球の予選が行われていて、
ちょっと見ていこうかなと思ったんだけど、お金かかるんですね…。

ということで、目的の「野球歴史資料館(の・ボールミュージアム)」へ。

ちょっと場所がわかりにくかったですが、なんとか見つけられました。

資料館は「愛媛の野球エリア」と「プロ野球エリア」に分かれていて、
向かい合わせで設置されているんだけど、
初めに見つけたのが「プロ野球エリア」で、まずはそちらから。

この「坊っちゃんスタジアム」ではオールスターが2度開かれていて、
その模様を中心とした展示になっていました。

ストライクかボールかを判定するゲームとかもあって、
野球好きの人は何時間もいれちゃう感じなのかな。

日本シリーズの楯とか他の展示もあって、おもしろかったですね。

で、その向かい側にある「愛媛の野球エリア」なんですけど、
実はこの場所に気づいていなくて、パンフを見て存在に気づきました。

危うく見ないで帰っちゃうところでしたが、
こちらは高校野球の展示が中心で、正岡子規の像もこちらに。

甲子園で使っていたベンチの展示があって、
こちらのエリアもまあまあマニアックな感じでした。

自分はそこまで野球好きではありませんが、それでも楽しめたので、
野球好きの方にはいいスポットかもしれません。

でも、こういった感じの展示室はいろんなところにあるのかなと。
松山までわざわざ来る必要はないかもしれませんけどね。