岬の神社

今日で5月もおしまいですね。梅雨が近付いてきていますね。
関東は来週には入るかもということでした。

さて、伊豆の話は石廊崎までやってきましたが、
観光船で海の上から灯台を見た後は、その岬の先まで歩いていきました。

坂を上がったところをなんか工事していて、もしやあそこに駐車場ができるのか?と。
そうなったら灯台に行くのはずいぶんと楽になるでしょうねー。

ただ、バスで行く人間は坂を上がらねばならないのでしょうが…。

そのあたりから遠くに灯台が見えてきました。
高台から見る海もきれいですねー。

ということで、歩き始めてから10分ちょっとで灯台に着きました。
歩いてみればわかりますが、かなりのハイペースです。^^

灯台の近くには気象庁の観測所もあって、
石廊崎という地名は台風が近づいてくると何度も登場しますものね。

残念ながら、灯台の中に入ることはできませんでした。
それだけ大切なものだということですよね。

さて、石廊崎は灯台を見たらおしまいではなく、さらに先へと進みましょう。
灯台の横にはこんな碑がたっています。「石室神社参道」と書いてあります。

ということで、この細い道を進んでいくと、
視界が開けてきて、海がとてもきれいに見えてきます。

そして、階段を降りると、まさにそこに石室神社があるのでした。
こんなところにね。すごいですよね。

しかも、拝殿はこの建物の中にあるので、
板1枚のその下は崖の下というようなそんな感じでお参りを。ちょっとこわい。

岬の先端部分にもお社があって、こちらは縁結びの神様だそうです。

それにしても、伊豆半島の南端、石廊崎からの眺めは最高でした。
ゆったり見ていたかったけど、そろそろバスの時間が…。

帰りは下り坂なので、何とか間に合いました。
下田に戻って、おなかもペコペコなので、遅めのランチです!