インスタライブしてみた

先日は自転車でふらっとお出かけをしてきたわけですが、
このお休み中にもう1回くらいどこかに行きたい気がします。

そんな清流公園へのお出かけの時なんですけど、
ちょっとチャレンジしてみたのがインスタライブでして、
InstagramというSNSがあるわけですけど、そこでライブ配信をしたのでした。

スマホにしてから、Instagramをよく使うようになりました。
だいたいは食べものの写真を中心に載せているんですけど。

で、そこで映像のライブ配信ができて、
特に新しいアプリを入れなくてもできるようだったので、
公園を歩いている様子をそのまま配信してみました。

配信した映像はそのまま保存することができて、
改めて映像をアップすることもできるので便利ですね。

何の告知もせずに始めたので、誰も見ることはないと思っていたのですが、
通知が行くのか、2名ほど見てくださいました。

お付き合いいただきありがとうございました。

映像を流している間は特に時間のことは気にならないんだけど、
その後映像をアップしたら、だいたい5分くらいあって、
ただただ林の中を歩くだけなので、5分はちょっと長いですよね。

その辺のことはInstagramはよくわかっているのか、
映像をアップするときは、そのまま載せるだけじゃなくて、
1分間の分だけ載せるってオプションもありました。

でも、その1分をどこにするのか、選ぶのも大変そうですね。

で、歩きながら映像を撮ったので、
歩くたびに映像が縦に揺れてしまうわけですね。

手振れ補正機能を使ったところでそこまで低減しないみたいで、
スタビライザーというものを使わないとダメだそうで。

今や、テレビ中継のカメラには標準で装備されているんだと思いますが、
滑らかに映像を撮ることができる器具ですね。

いろいろ種類があるみたいですが、スマホ用でも1万円くらいして、
デジカメ用はもっとするんだとか。

まあ、自分は頻繁に映像を撮るわけではないので、
そこまで高いのならば買いたくはないなーと思うわけですけど、
ユーチューバーとかは必須アイテムなんでしょうね。

ということで、また突然ライブ配信するかもです。
偶然見つけたら見てやってください。

ほぼほぼ要望されてないと思いますけど…。