遠くを走る電車の音

昨日はうっかりブログの更新を忘れてしまいました。
貴重な1日を使ってしまうとは…。今日から4日連続がんばりまーす。

さて、今回は音の話なんですけど、
うちの家からは電車が走っている音が聞こえるのです。

雑音の多い昼間にはあまり聞こえないんだけど、
夜になると、カタンカタンと聞こえてきます。

この間は、だいたい23時ころだったかと思いますが、
警笛を鳴らした音が聞こえてきました。

近くに走っているモノレールも警笛を鳴らすことがありますが、
音が違うわけで、この間聞こえた音は電車のものなはず。

聞こえるといっても、電車の走る音は布団に入っているときが多くて、
でも、警笛はテレビを普通に見ていた時間だったんですよね。

じゃあ、近くに線路があるかというと、ずいぶんと遠くにあります。
地図で見てみると、2kmは離れているみたいです。

なので、初めのころは、似たような音が聞こえているのかと思ったのですが、
でも、どう聞いても電車の走る音だよなーって。

で、おそらくなんですけど、
聞こえているのは橋を渡っているときの音なんじゃないかと。

数百メートル行くと川があるんですけど、
そこに鉄橋がかかっているわけですね。

川であれば音を遮るものがないので、遠くまで聞こえるのかなって。

うちは2階にありますが、建物がそこまで密集しているわけでもなくて、
そういったことも影響しているのかもしれません。

遠くに聞こえる電車の音を聞きながら眠りにつけるのはいい雰囲気です。
深夜なのでそこまで頻繁に聞こえないのもいいのでしょう。

夏になって窓を開け始めると、モノレールの走行音も聞こえますね。
深夜まで起きていると点検車両が走り始めるんですよね。

それが聞こえてくると、ああ、もう寝なきゃ、って思ったりします。