エディトリアルって何?

お盆休みは昨日までで、今日から仕事という方も多いのでしょうか。

例年であれば、ニュースで帰省ラッシュがどうとか扱われるので、
いつまでが休みなのかがわかりやすいんですけどね。

自分も休みはあと2週間になってしまいまして、
そんな今日は、NHKのBSプレミアムで「12人の優しい日本人」をやると。

なので、それを録画しつつ、2時間ほどの映画を楽しみました。

もし日本に陪審制があったらというテーマでの映画で、
12人の陪審員が結論が出るまで話し合うという内容なんですよね。

脚本が三谷幸喜ということで、ただの映画ではないということがわかるかと。

もともと、「十二人の怒れる男」というアメリカの映画があるんですよね。
それも前に録画しておいたはずだけど、まだ見れてないなー。

で、録画しているのは、いつか教材として見せられればとの思いもあって、
ただ、現在日本に存在する裁判員制度とは大きく仕組みが違っているので、
逆に誤解を生んでしまうかもしれないから、なんともですけどね。

以前にも録画をして、DVDに記録しておいたのですが、
その時はチューナーからPCまでの伝送が赤白黄色のアナログだったもので、
もともとの映像がよくなっているということはないでしょうけど、
今回はHDMIで伝送して、ブルーレイに記録をするので、
以前のものよりはいい画質になっているのではないかと思います。

それにしても、今思えば、よくチューナーとか持ってましたよね。
新しいもの好きというかね。その辺は誰かに似たのでしょう。

そのチューナーのおかげで、けっこう貴重な映像を残せているので、
買っておいてよかったかなと思いますけど。

で、その映画を見た後は、Official髭男dismの「Editorial」を。

明日がニューアルバムの発売日なのですが、
ネット注文でもきちんとフラゲさせてくれるのがありがたいですよね。

ああ、いい1日だなー。