さびしいもの同士

「交渉人 真下正義」見ました。なかなか深いね。

さすが、本広さんがじきじきに監督やってるだけあるわ。
かなりの高評価を受けていたしね。

ということで、伊豆大島旅行記3~「さびしい大島公園」です。

伊豆大島での1日目はほぼ三原山めぐりで終えたので、
2日目はぐるっと大島を一周してみました。

その途中、ちょうど真ん中あたりになるでしょうか。
「大島公園」というところに寄ってみました。

ここには椿園と動物園があったんだけど、椿はシーズン外。
一応まわってみたけど、緑だらけ。緑一色ですよ。

で、花が咲いているところも一部あったので、撮ってみました。

椿といえば、この大島公園に着く前に「椿トンネル」というのを通りました。

道の両端に椿が植えられているんだけど、やっぱり緑だらけ。
冬にはかなりいい感じになるんだろうね。

さて、椿園を見たあとちょっと寄り道してから動物園へ。
そんなに広くないんだけど、珍しい動物もいて面白かったね。

サル山にはなぜかニホンザルではなくてワオキツネザルがいて、
しかも、なぜか牛のなかまであるバーバリーシープと一緒なわけ。

そんな動物園ですが、なかでも必見なのはニホンカモシカですね。
だって、特別天然記念物だよ。

で、そのニホンカモシカなんだけど、ちょっと離れたところにいるのね。

長い坂を下っていくと、オリが出現しました。
右側を見るとキョンがいて、左側がニホンカモシカ。

キョンはシカのなかまで、
手前のキョンは俺を怖がって逃げまくったくせに、
奥のキョンは近づいてきたんだよね。なんでだろう?

で、肝心のニホンカモシカなんだけど、奥のほうに座ってました。

せっかくだから立ち上がってくれないかなーって思ってたら、
すくっと立ち上がってくれたんだよね。

それがうれしくて、写真とってからまだ見てたら、
今度はこっちに歩いてきてくれたの。すげー、うれしい。

俺がなんかエサを持っていると思ったのかもしれないね。
何も持っていないことを知った後も、オリに体とかこすり付けて、
けっこうな時間近くにいてくれました。

なんか、カモシカも1匹しかいなくて、
他の動物たちと離れてるからとてもさびしそうで、
俺も一人旅でさびしい感じで、なんか2人で共感しあっちゃいました。

「お互いさびしいね」

そのあと、小屋の中にあるえさを食べにいっちゃいました。
ちょうど昼時だったからね。

バイバイって言ったんだけど、振り向いてくれなかった。
まあ、振り向いたらそれはそれで離れられなかっただろうけどね。