設置しましょう

4月ですね。奈良行きは未だ行くかどうか決められていないのです。
なんか、天気が悪そうなんだもん。

家でじっとしていようかなー。
いろいろと調べたんだけど、ムダに終わりそうです。

さて、4月1日はエイプリルフールということで、
普通につくウソは面白くもなんともないので許せませんが、
壮大なウソは面白くていいですよね。

フジテレビのサイトはなかなかよかったですね。
ただし、ウソをついていいのは午前中だけだそうで。なんじゃそりゃ。

では、どんなウソをつけばいいのか、
エイプリルフール用の嘘のネタを教えてくれるサイトがあるのだそうです。

エイプリルフール占い」っていうんだけど、
生年月日とかを入力すると、ウソを教えてくれるんです。

ウソを教えてくれるってのもなんだか変ですけど。

で、俺が教えてもらったウソは、
国技館の土俵は高精度の体重計になっていて、
力士はメタボチェックされているんだって。

でした。

うーん、いまいち。

さて、東京に住んでいる人だけではないと思いますが、
東京都の住宅は今日から住宅用火災報知機の設置が義務付けられました。

ってことで、昨日カインズホームで買ってきました。

自分で設置する気はまったくなかったのですが、
不動産屋さんからも大家さんからも何の連絡もなくて、
こちらから連絡する気にもなれなかったので、
このまま4月を迎えてもいいかなーと思っていたんだけど、
やっぱ、違法状態の家に住むのはいやなので、買って設置しました。

ちなみに、この設置を義務付けた条例(火災予防条例)では、
住宅の関係者は、規則で定める基準に従い、
住宅用火災警報器を設置し、及び維持しなければならない。

と第55条の5の4に定められています。

で、この「関係者」というのは、東京消防庁のWEBページによれば、
住宅の「所有者」と「管理者」と「占有者」のことだということなので、
各住宅の実情に応じて関係者間で話し合って、
誰が設置するかを決めるべきだということでした。

そこは普通は家主だろ。

まあ、出て行くときに普通に持って行っちゃえばいいんだもんな。
残しておく義務はないわけで。

東京は今年の4月からですが、都道府県によって義務付け開始日が異なります。
自分の住んでいる地域はいつからか調べてみてくださいね。
(多くの府県は来年からみたいですね→地図参照

つけなくても罰則はありませんが、そういう問題じゃないかと思います。