いざ函館へ

旅行に行く前はそんなに暑くなかったのに、帰ってきたらけっこう暑くて。
対応がちょっと遅れているのでありました。

さて、旅行の話をこれから書こうと思うのですが、
今回は函館・弘前・青森をまわってきたのでした。

初日は函館です。

当初は、1泊2日で弘前と青森だけをまわる予定だったんだけど、
1日前倒しして、函館にも行くことにしたのでした。

青森へは飛行機で行った方がはるかに早いわけだけど、
青森空港へはJALしか飛んでないってことだったので、電車にすることに。

いろいろ調べたら、「青森・函館フリーきっぷ」というのがあると。
往復するだけでもお得だというので、それを利用することにしたのでした。

で、この切符は函館まで行けるものなので、
だったら、1日増やして函館まで楽しんでしまおうと。

青森までは東北新幹線で八戸まで行って、そこから特急で青森まで。
その新幹線と特急の指定席券はフリーきっぷに含まれているのです。

で、もう1つ、上野から青森まで行く寝台特急「あけぼの」というのがあって、
このフリーきっぷは、これのB寝台で青森に行ってもいいということで、
何とか寝台のきっぷを取れないかなーと何度かみどりの窓口に行ったんだけど、
気づいたのが遅くて、すでに満席だったんですね。

ってことで、普通に新幹線と特急を利用しました。
東京から八戸までは3時間ちょっと、八戸から函館までも3時間。

八戸からの特急「スーパー白鳥」は青森を通って函館まで行く電車です。
青森で進行方向が変わるんですね。みんなで座席を反転です。

函館には実に13年ぶりの訪問です。
高3の冬に卒業旅行ということで北海道方面に行ったんだけど、
札幌に行く前に函館に寄ったのでした。

青函トンネルも13年ぶり。最深部は海面から240mももぐってるんですよ。
その最深部にはライトが配置してあって、ちゃんとわかるようになってます。

さらに、全長53.85kmは世界最長。ロングレール1本でつながっています。
(東京-高尾間の距離と同じくらいなんだそうです)

で、途中には駅が2つあるんだけど、竜飛海底駅は見学できるんだよね。
いつか、行ってみたいなーとは思っています。

ということで、今回はトンネルの様子を車内から撮ってきました。



新幹線は1番電車である「はやて1号」(東京6:56発)に乗車。
ホームには「0キロポスト」があるんですね。初めて気づきました。

で、函館に着いたのは13時14分なのでした。

長かったですねー。
ずっと音楽聞いてたんだけど、曲数にして106もいってました。

函館に着いた時に流れていたのは、ちょうどGLAYの曲ってことで、
いいタイミングだなーと思いつつ、おなかすいたーって感じで。