永平寺のライトアップ

また花粉が厳しくなり始めましたね。
あと少しの辛抱で終わってくれるといいんですけど。

ということで、旅の話は永平寺までやってきました。

ぐるっとお堂の中をまわった後は、
大広間のようなところでビデオが流されていたのでちょっと鑑賞。

福井各地の観光案内だったんだけど、
このおかげで、次の日にはいい光景を見ることができたのでした。

で、この日は永平寺でライトアップが行われるということで、
暗くなるまでちょっとお土産でも見つつ時間をつぶそうかと。

と思ったら、門前のお店はことごとく店じまいしていて、
唯一開いていたのがお休み処だったのでした。

そこでゴマ豆腐の入ったぜんざいをいただいていたら暗くなってきました。

明るいうちに手作りの燈籠たちが並べられていたんだけど、
それらがきれいに光っていて、写真家のみなさんが撮影に必死。

入口では婦人会の方でしょうか、お餅を配っていました。
「涅槃だんご」だそうで。ご利益がありそうです。

昼には入れなかった山門の前まで行けるようになっていて、
山門が付近がきれいにライトアップされていました。

出口ではお寺で修行されている若い人たちがしょうが湯を配っていて、
これがまたおいしかったなー。あったかいし甘いし。

そして、いよいよ真っ暗になってきて、またこれもいいですねー。

これで雪があったらまた違う美しさだったんでしょうけどね。
まあ、そこまで寒くなかったので長い間見ていられたのでよかったです。

だいたい1時間ちょっといたでしょうか。
臨時のバスが出ていたので、それに乗って駅まで向かいました。