大楠の来宮神社

明日は春の嵐だとか。まだ春ではないですが。
お出かけしようと思っていたんだけど、どうしようかなー。

さて、熱海の話がようやく始まりましたが、
まず向かったのは、来宮神社(きのみやじんじゃ)です。

東海道線で、熱海の次の駅が来宮なわけですけど、
なので、ちょっと遠いのかなと思っていたら、意外とすぐでした。

熱海の街はけっこうコンパクトにまとまっていますよね。
ただ、問題なのは坂で、丘の上なのか、中腹なのか、下なのかということ。

同じレベルどうしであればいいんですけどね。
地図には傾斜は書いてないのでね。そこがつらいところです。

まだ朝のうちだったのでそこまで人も多くなくてよかったです。

まずは本殿から。

近くに枯葉でハートマークが作られているというのがね。
「映え」を狙っているのでしょうか。まあ、いいと思いますよ。

お参りを済ませたら、さらに奥へと進んでいきます。
そうすると、大きな楠があるのです。樹齢2000年以上だとか。

なんともすばらしいですね。

この楠の周りを歩くことで、1周につき1年寿命が延びるそうです。
見とれてしまって、危うく周りを歩くのを忘れるところでした。

後ろを振り返ると、まだ紅葉が少し見られました。
12月中旬ころまで熱海では紅葉が楽しめるそうです。

喫茶コーナーなどゆったりできるスポットもいくつかあって、
ゆっくりお参りするのがよさそうですね。

さて、その後、梅園方面へ歩いて行きましたが、
その途中、見晴らし台がありました。来宮神社が設置したものみたい。

遠くには初島も見えました。いい眺めです。

そして、足元の線路には新幹線が。ちょっと多くを東海道線が。
ずっといても飽きないスポットですね。