かっこよすぎる共演

今日は行ってきましたよ、味の素スタジアム。

今年3月ぶりのGLAYのライブでしたが、
今回は氷室京介との共演ってことで、いつもとはかなり違う感じでした。

GLAYファンと氷室ファンとが入り混じってのライブなわけですが、
見た感じだと氷室ファンの方がけっこう少なかったのかも。

それでも、はじめから終わりまで盛り上がりましたよ。
いやー、よかった。

明日も行きたいかもって思ったもんね。

たぶん、当日券もあるみたいなので、行く人いたら行きます?
って、たぶんいないと思うけど。
(当日券があるかははっきりとはわかりませんので)

それにしても、
味の素スタジアムってことで、近くていいよね。

席もなかなかの場所でよかったんだけど、1つ不満が。

こういうライブのときって、女子トイレが混むので、
男子トイレが女子用に変えられて、男子トイレの数が減るんですよ。

まあそれはいいんだけど、
今日はそのせいで男子トイレに行列ができていました。

女子トイレは全然並んでいないんだよ。
これはちょっとやりすぎだったね。

ということで、ライブの中身に触れる感想は続きからどうぞ。


さて、今回のライブはGLAYと氷室京介の共演ってことで、
どういう形になるのかなーと思っていたんだけど、
やっぱり最初に出てきたのはGLAYでした。

だいたい1時間くらいでGLAYの部は終了。
次に氷室さんが出てきましたよ。

バックバンドの面々が黒い衣装を着ているなか、
氷室さんは白い衣装で颯爽と登場、そして、スピーカーに足をのっける。

すげーかっこいい!

TERUももちろんかっこいいんだけど、
氷室さんは背も高いし、動きも大きいし、感動しちゃいました。

まあ、GLAYはいつも見ているけど、
氷室さんのライブは初めてだからってのもあるかもしれないけどね。

申し訳なかったのは、知っている曲が3曲くらいしかなかったってこと。

MCもなくただひたすら唄い続ける氷室さん。
もちろん、こっちもノろうとがんばってるんだけど、
ライブでの音って聞きづらいわけで、完全にはついていけなかったね。

氷室さんの声が低めだし、マイクの音量も小さかったのかも。
せっかくの歌声があまり聞こえなかったんだよね。

まあ、ある程度予習していけばよかったのかも、と思ったけど、
他の人の日記を読んでみると、予習もあまり意味がなかったらしい…。

GLAYも氷室さんもどっちもどっちかもしれないけど、
有名なシングル曲をたくさん演奏してわかりあえたらよかったのかも。

ただ、拍手するところ、手を挙げるところを、
氷室さん自身が体を使って指示してくれるので、それはかなり助かりました。

氷室さんもだいたい1時間でおしまい。

そのあとにANSWERってわけですが、これはかなりしびれました。

DVDでPVを見たし、昨日の「僕らの音楽3」でも見たけど、
やっぱ、生での演奏はそれら以上にかっこよかったです!

ただ、このANSWERはアンコール扱いで、
あともう1曲をコラボで歌ってライブはおしまい。

あれ?って感じで終わっちゃったのがちょっと残念だったけど、
でも、大満足で帰ってきたのでした。