「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3」

ということで、昨日の映画の感想です。

昨日見てきたい映画の正式なタイトルは、
秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jp は永遠に~
という長ったらしいものなんだけど、ともかくおもしろかった。

ドメインの「.jp」のCMを総統と吉田君がやってますから、
それを見たことがある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

映画は、これまでと同じように、まずは「古墳ギャルのコフィ」からスタート。
今回は「コフンデレラ」ってことでシンデレラ的ストーリー。

前作よりもけっこう話がコンパクトだったので、
飽きることなく終始笑わせてもらえたんだけど、ちょっと物足りない感も。

で、一気に「鷹の爪」の本編へ。

今回はレオナルド博士の秘密がわかるというストーリーで、
最後まで見逃せない感じになっていましたが、
こちらも、あんま間延びせず終始笑えてよかったですね。

これまでのシリーズで取り入れられていた、
映画予算の残りを表示する「バジェットゲージシステム」と、
映画の中に広告が登場する「プロダクトプレイスメント」は今回も健在。

これに加えて、さらに2つのあらたなサービスも登場して、
さすが、飽きさせないアイデア満点でした。

映画の見所はストーリーはもちろんのこと、
なんといっても、山崎監督率いる「白組」のCG(VFX)ではないでしょうか。

上映前のトークでも触れられていましたが、
このCGがかなりすばらしく、もはや実写と見まがうほどのクオリティで、
それに対して本編はいつものFLASHアニメなわけで、
そんなアニメに突如として実写が登場するような展開に。

そのギャップをうまく使ったオチも用意されていてさすがでした。

前作のPART2はちょっといまいちかなーと思ったんだけど、
今回はけっこういい感じで、1800円の価値はあるかと。
(完成披露上映会は2500円でしたけど)

まあ、六本木ヒルズのひろーいところで、600人近くと見れたので、
すげー盛り上がってよかったってのもあるかもしれないけどね。

で、上映後にパンフを買おうと思ったら、
そう思った人が多くて、グッズ売り場は行列に。

寒い中並んで、どうにかパンフとかその他グッズをGETしてきました。

レオナルド博士のマグカップ買ってきたんだけど、どこで使おうかな。
あと、吉田君のお守りも買ってきました。

吉田君のだから、あんま効果ないかな。
映画自体は16日から公開です。全国のTOHOシネマズでぜひどうぞ。
初めての方でも十分楽しめると思いますよ。
年の初めからバカ笑いなんていかがでしょうか。