西ノ京の素と華

奈良の旅行記はようやく2日目に突入ですが、
前回の旅の話がまだ終わっていないのに、次の旅行の計画を立ててみたり…。

もう今年はこれでおしまいかなーと思っていたんだけど、
11月の上旬に行けそうなので行ってしまおうかと。

現在、旅行先は検討中ですが、四国か香港・マカオになる予定です。

さあ、奈良の2日目です。
ともかく時間が限られているので、せっせと、しかしじっくりと回る1日でした。

まずは、唐招提寺からです。
奈良駅前からバスで向かいます。

8:30からの拝観時間の5分くらい前に着いたので、ちょっとうろうろ。

お寺の前にの道路に大きな木が。
バスが通るのも一苦労してましたけど、大事にされているようでした。

1番で入山して、目指すは金堂ですね。

ここには千手観音像が安置されているわけだけど、
興福寺のものは略式だけど、ここにあるのは古くに作られたものなので、
ちゃんと手が1000本あるのだと学芸員さんが言っていたんだよね。

なので、それを見るのがとても楽しみで。
そしたら、ほんとに手がたくさんありますよ。すごかった。

現在はあわせて953本だそうですが、かつては1000本あったのでしょう。

金堂の近くには宝蔵と経蔵があって、ともに校倉造でした。
あれだけ近くで見れると、校倉造の様子がはっきりとわかりますね。

それから、鑑真が眠っている開山御廟に。

中国の方もよくいらっしゃるのでしょう。
注意書きが中国語でも書いてあったもんね。

で、最後に新宝蔵で奈良時代に創られた鴟尾を見て、
お土産に鴟尾のストラップを買ってきました。あれはお買い得でしたね。

そして、そこから歩いて10分ほどで薬師寺に到着です。

こちらはなんといってもそのたたずまいが美しい。
青い空に朱色が映えてねー。まさに絵になる光景でした。

西塔と東塔と。

西塔は30年前に再建されたものということでさすがに新しいですが、
一方、東塔は1300年前から残っているそうで、風格がハンパないです。

東塔はまもなく大修理に入るそうで、2018年までかかるそうです。
なので、その前に中を特別公開していました。

真ん中の柱がさすがに立派でしたね。

少し離れたところに玄奘三蔵院伽藍があって、あの三蔵法師が祀られています。

そこでは画家の平山郁夫さんが描いた「大唐西域壁画」を見ることができました。
いつもは公開期間が限られているみたいだけど、今年は通年公開。

唐招提寺と薬師寺とともに40分ほど滞在して、次へと向かいました。
もうちょっとゆったり見ていたかったかな。ともかく時間がないもので…。