祖谷温泉でゆったり

また寒い日々に戻ってしまいましたね。
まあ、もう冬も近づいてきているわけだから、仕方ないですね。

ってことで、旅の話はもう少し祖谷をめぐります。

かずら橋を見た後で向かったのは祖谷温泉です。

この温泉の近くには小便小僧があって、それが名所ってことだったんだけど、
それを見て帰るだけではつまらないので、せっかくだから温泉にも。

祖谷のあたりは温泉も有名だそうで、
渓谷を眺めながら入れる露天風呂があるというのでそちらへ。

そしたら、なんと、ケーブルカーに乗って浴室まで行くと。
ビックリですね。

ケーブルカーに乗って下っていくわけですが、
いちいち係りの人が乗っていては面倒だということでしょうか、
運転はお客さんがセルフでやるようになっていました。

といっても、自分で扉を閉めてボタンを押すだけなので、
特に難しいとかいう話ではないんですけどね。

5分ほど下って谷まで。

温泉はちょっとぬるめだったので長く入っていられましたが、
やっぱりちょっと寒いかな。

ただ、眺めは最高だし、お湯もとてもよかったです。

平日だったので人も少なくて、後半は貸し切り状態に。
なので、上がるときに写真を撮ってきました。

お湯はちょっと白く濁っているんだけど、湯の花が浮いているせいで、
これがかけ流しであふれているわけで、なんともぜいたくです。

レンタカーを返す時間もあるので、30分ほど浸かっておしまい。

帰り道の途中に、例の小便小僧があったのでちょっと見学。
って、すごいとこに立ってますな。そりゃ話題になるよね。

実際にあそこに立つのは勇気がいりそうですが、
柵の外からですが、上の方から撮影してみました。

こんな感じで小僧からは見えているんでしょうかね。怖いです。

で、大変だったのは、この区間の道で、
かずら橋から祖谷温泉を通って祖谷口橋までの道がともかく狭い。

車が行き違える場所が限られていて、対向車来るなーって思いで運転してました。

以前に、白川郷にレンタカーで行ったことがありましたが、
今は飛騨トンネルが完成したおかげでとてもスムーズに行けますが、
かつては同じように細い道を走って行かなければいけなかったのでした。

その時のことを思い出しましたね。

ようやく国道に出た時には、声を出して喜んじゃいました。^^