フライトは難しい

週末はまた天気があまりよくないようで。

春や秋は周期的に天気が変わるので、
天気が悪い日が同じ曜日に固定されちゃったりするんですよね。

さて、昨日は羽田空港まで遊びに行ってきたのですが、
昼食をいただいた後は、国際線ターミナルへ移動。

駅を降りたところが到着ロビーなので、外国の方でいっぱいでした。
自動改札を通るのにけっこう苦労していたみたい。

国際線ターミナルでの目的は、フライトシミュレータでして、
中部国際空港(セントレア)の「FLIGHT OF DREAMS」では、
本格的なB787のシミュレータを操縦してきたわけですが、
羽田空港の国際線ターミナルには、簡易的なものがあるって。

実は、羽田に行こうと思ったのは、このシミュレータ目的でして、
それだけのために行くのもなーと思って、機体工場見学を付けたのでした。

5階の端にシミュレータが4つほど置いてあって、
手前の3つは初級から上級まで5つのコースが。

一番奥のものは中級以上のコースしか選択できないんだけど、
操作に合わせてシミュレータ自体が動くやや本格的なものでした。

まずは、動かない方で初級のコースを。

シミュレータには操縦桿とスロットルがついているんだけど、
ゲームの中ではスロットルはオートになって、操縦桿のみを操作する形でした。

ゲームの流れとしては、地上走行→離陸→着陸という感じで、
地上走行と離陸はたいしたことないんだけど、着陸は激むず。

B787のシミュレータはそんなにふらふら機体が動かなかったんだけど、
羽田のゲームはけっこう簡単に左右振れてしまうので、
まっすぐにするのが難しいし、距離感もよくわからないし、
滑走路の真ん中には降りれないし、川に落ちたりオーバーランしたり…。

次に、機械自体が動く方にもチャレンジしましたが、
いやー、ホント難しいんですよね。

電車でGOとかもそうですけど、勘でやってもうまくいかないわけで、
しっかり距離とか速さとかを計算しないとでしょうね。

その点では、B787のシミュレータはちょっとお高いですけど、
隣にインストラクターさんがいてくれるので、
そちらで体験する方がいいんじゃないかと思いました。

帰りは、旅行してきたわけでもないのにリムジンバスで帰宅。
だって、家の近くに高速バスの停留所があるんだもん。

さすが国際線ターミナルだけあって、
バス乗り場の係りの方も半分近くが外国の人でした。なるほどね。