「世界一」のりんごジュース

今日は寒かったですねー。一気に冬な感じ。カゼひかないように…。

さて、前回は自販機のサブスクについて書きましたが、
その自販機で売られている「世界一」のりんごジュースについて。

JR東日本の自販機ブランド「acure」なんですけど、
そこで出されている「青森りんごシリーズ」がお気に入りなのです。

りんごの品種別にジュースが作られていて、
それぞれの好みに合わせて選べるのがいいんですよね。

もちろん、ジュース自体がとてもおいしくて、
ただ絞っただけ、というりんごそのままのおいしさが味わえるのが魅力。

まずは、いくつかの品種をブレンドした「りんご」がいいと思いますが、
WEBサイトには、甘さと酸味を基にしたチャートも掲載されているので、
その品種がいいのかを選ぶ目安になるのです。

「ジョナゴールド」はかなりあっさりめですね。夏にいいかも。
一気にごくごく飲めてしまう感じです。

自分は酸味がある方がいいので「ふじ」を選んでいます。
酸味だけでなく甘みも欲しいので。

そんなラインナップの中に、期間限定で登場したのが「世界一」です。

「世界一」という品種のりんごがあるということで、
何が世界一かというと、その大きさなんですね。

普通のりんごの3倍くらいの重さがあるそうで、
ただ、ほとんど作られていない希少な品種なんだとか。

なので、そのりんごジュースはかなり貴重で、
もしかしたら、今回が最初で最後の販売になるかもと。

と言われてしまうと飲みたくなるわけで、でも、1本300円もするのです!

なくなり次第終了ということでもあったので、見つけたらすぐに購入。
見つけられてよかったです。どこでもあるとは限らないそうで。

お試しサブスクでGETした「ふじ」と並べてみましたが、色が白いですね。

飲んでみると、味は酸味はそんなになくて甘味が主体でした。
その甘みもやさしい感じで、ほっとするような甘さ。

香りもよくて、子どもとかお年寄りに向いている気がしますね。

一気にごくごく飲んでしまいそうでしたが、もったいないと思って、
とりあえず半分でやめておきました。

箱買いもできたそうですが、もうすでに完売なんだとか。人気です。

もう1本くらい買ってくるくらいかなー、と思っていたんだけど、
なかなか人気で売っていないようなので、多くの方に飲んでもらおうと。

東京駅と上野駅には「りんご自販機」があるそうです。
りんごを売っているのではなくて、リンゴジュースのみが売られている自販機。

そこには「世界一」もあるのかもしれません。気になる方はぜひ!