気がつけば落選

3月になりましたね。

そろそろ新年度が始まるかと思うと、
今のこのゆったりとした生活も終わるのだなーと。

ゆったりとはいっても、充実はしているんだけどね。

さて、前に「Japan Blog Award 2009」にエントリーしたと書きましたが、
その一次選考にみごとに落選していたことが今日わかりました。

一次選考は「PVやUUなどの定量審査」だったわけだから、
まあ、そりゃ落ちるわな。

何で気づいたかというと、アクセス解析を見ていたら、
「Japan Blog Award 2009 一次審査」っていうキーワードでの検索が多くて、
もしや、選考の結果が出たのかな?と思ったのでした。

おしらく、審査に漏れた人たちが、
受かった人たちはそのことをブログに書いているだろうから、
どんなのが通過したのか見てやろうって、そういう思いだったんじゃないかな。

で、一次選考の結果は通過した人だけに通知されたそうで、
しかも、それは先月の25日のことだったそうで、
気づいた時には落ちていたってことな訳ですね。

別に、落選したって通知をよこせとは思わないけど、
2月25日に1次選考の結果を発表するなんてどこに書いてあった?

エントリーした時は書いてなかったわけで、
さらに、ブログに設置しているブログパーツにも出ちゃいないしね。

いったい何なんだかって感じです。

まあ、落ちたから言ってるわけじゃないんですよ。
前回の記事でもさんざん文句いってますからね。

この実行委員の一員である会社の1つがCyberBuzzですが、
そこが「BlogScouter」を運営しているわけだけど、
そこで前にアンケートを実施したことがあって、
みなさんに協力をお願いしたことがありました

で、そのアンケートの結果は我々にも公表されると書いてあったんだけど、
いつになってもそんなことはなく、すでになかったことにされてるもんね。

そんな会社だからなー。まあ、またかって感じだけど。
こんなんじゃ、ITベンチャーなんてそんなもんっていわれちゃうよ。

ある程度面白いことをやっていると思うので、
やるならしっかりやってほしいものですけどね。

さて、この「Japan Blog Award 2009」は、
今月の中旬からは、最終審査としてWEB上での審査も始まるそうなので、
おそらく、それが始まったってことくらいはブログパーツに出るでしょうから、
投票してみてはいかがでしょうか。

てか、まだ選考委員が決まっていないジャンルもあるんだよね。
俺のエントリーしたカテゴリもそうなんだけど。

前にも書いたかもしれませんが、
本アワードは専門家やアクセス数の多いブログだけなく
純粋な気持ちでブログを書いている人達を応援し、表彰したい
と思い開催いたしました。

というわけですから、そういうところが選ばれるといいですね。