電動キックボード初体験

今日は2回もなかなかな雨が。無事に当たらず帰ってこれました。
でも、また夜になって雨が降ってきました。明日は本当に晴れるのだろうか?

ということで、先日は東京国際フォーラムでアジカンのライブを楽しんできまして、
夕食を取った後、さて帰ろうということに。

とりあえず新橋駅前まで行けばよかったんですけど、
銀座の街を歩いて帰るか、普通に山手線に乗るか、ちょっと迷っていたところ、
目の前を電動キックボードが通り過ぎていきました。

お、これじゃん

ってことで、その場でアプリをダウンロードして、近くにポートがありそうだし、
目的地付近にも返却できるポートがあったので、じゃあ借りてみようと。

いろいろ手続きを進めていったら、免許書を写真に撮って送れというのがあって、
これがなかなか苦戦しました。夜道では暗すぎたようです。

なんとか成功して、QRコードを読んだらさっそくスタート。
一応、ガイドのようなものがあるんですけど、簡単なのでいまいちよくわからないまま。

片足を乗せて、何度地面を蹴って助走をつけたところでアクセルを。
アクセルは右手の親指で押すだけなので、とても簡単です。

最初はバランスをどう取ったらよいか迷いつつでしたが、自分は左足が前ですね。

夜なので、車も数も少ないからそこまでこわい感じはありませんでした。
ウインカーもあるし、クラクションもあるし、時速は最高で15km/hだそうです。

風を受けながらの快適な運転。銀座の街並みをゆっくり見ながら走りました。
ハンドル部分にはスマホをホールドできるので、地図を確認しながら走れます。

1つ不安だったのは右折で、小型特殊車両扱いなので二段階右折が禁止なのです。
なので、銀座の大きな交差点では降りました。押して歩けば歩行者扱いです。

そうやって臨機応変に移動できるのもよかったですね。
一時不停止を見張っているおまわりさんの前でも、面倒なので降りちゃいました。^^

料金は、基本料金が50円で、あとは1分あたり15円。
今回は1.9kmを17分で移動しました。料金は320円。

でも、アプリの初回登録キャンペーンでクーポンがもらえたので0円になりました。

ということで、無事に目的地に到着したのですが、返却地がどこにあるかわからなくて、
というのも、単に緑の枠があるだけで、看板がでかでかとあるわけでもないんですよね。

LUUP

一度止めれば次からはわかるでしょうが、初めての人にはあれは難しいですね。
無事にみつけられてよかったです。次に乗るのはずいぶん先になりそうな気がしないでもない。