18年前の思い出の地

風が強いですねー。家が時折ミシミシ言っています。
乾燥しているのも花粉症の身にはつらいところです。

さて、先日は群馬で春を感じてきたわけですが、
そのついでと言ってはなんですが、懐かしいところに寄ってきました。

というのは、自分は大学時代にクリケットをやっていたわけですが、
今は、富士市や佐野市などのグラウンドで試合が行われていますが、
当時は、群馬県のグラウンドまで試合をしに行っていたのです。

で、そのグラウンドがあった場所の1つが、
今回寄ってきた「ぐんまフラワーパーク」の近くだったので、
今はどんな感じになっているのかなーと、ちょっと寄ってみたのでした。

グラウンド跡に行く前に、その近くにあったセブンイレブンへ。
ここはよくグラウンドへの行き帰りに寄ったお店でしてね。

駐車場の形も全く変わっていなくて懐かしかったです。

さて、そこから例のカーブの坂を上がってグラウンド跡へ。
沿道には、以前よりも建物が増えていたかなという印象でした。

ホテルの看板が見えてきて、ここを左に曲がるとグラウンドです。

すでに知られている通り、今は老人ホームが建っているのです。
ただ、入口の付近やフェンスのようすなどは当時のままで。

ああ、懐かしいなー。

隣にあったホテルもまだありましたね。
その向かい側にも新しくホテルができていたみたい。

さて、入口付近に作ってもらったトイレなんですけど、
これがまだおいてあるんですよね。

なぜトイレがそのままなのか。壊すのがもったいないからでしょうかね。

不審者がいると通報される前にさっさと退散。
さっき左に曲がった交差点へ。今もなお感知式でした。ああ、そうだった。

で、赤城南面千本桜で夜桜を楽しんだ後、前橋まで戻ったんだけど、
ナビが示した道順が、以前に使った帰り道と途中まで同じで、
あの「鼻毛石」交差点を通り、川沿いを走って、
急カーブが2回続く感じで橋を渡って、大胡駅前まで行くルート。

いやー、ホント懐かしかったですね。
途中にあった予告信号とかもね。そうそう、ここにあったよなって。

ということで、花見ついでにとても懐かしい時間を過ごせました。
次は、赤城青年の家に泊まりに行きたいかもって思ったけど。^^

クリケットやっていた人にしかわからない記事で失礼しました。