冬の兼六園と金沢城公園

今日はとても慌ただしい1日でした。
まあでも、臨機応変に動けたのはよかったかな。

さて、北陸の旅の話の続きですが、いよいよ兼六園です。

雪つりを見たいと、2月に見にいこうと計画を一度は立てたのですが、
予定していた日は異常に気温が上昇して、雪つりどころではないと。

ということで、その代わりにイチゴ狩りに行ってきたわけですが、
そのリベンジということで、やや雪の積もる雪つりを見ることができました。

まずは噴水から。高低差を利用したもの。
夏に見るのとはまた違っていいですね。池のようすも素晴らしい。

そして、いよいよ見えてきました。

もうちょっと雪が多かったらよかったんだけど、ぜいたくは言えません。
少しでも降ってくれたことに感謝です。

池の反対側から見た風景がとてもきれいだったんですが、
あんまり立ち止まっている人がいなくて、もったいなーと。

「親不知」とか「栄螺山」方面からの眺めです。
兼六園を訪れの際はぜひともこちらからご覧ください!

そのあとは園内をプラプラと。

梅園では梅が咲き始めていました。雪と梅。なんとも風流ですね。

だいたい40分くらいいたのかな。そのあとは金沢城公園へ。

7年前に訪問した時にはまだできていなかった河北門の中へ。
6年前に復元が完了したということなので、行ってすぐできたんですね。

五十間長屋にも寄りたかったけど、ちょっと時間がね。7年前に行ったし。
次に向かったのは、ひがし茶屋街です。