下田の街をぶらり

東京も梅雨入りですね。これからジメジメが続きますね。
でも、さっそく明日は晴れてくれるようで、洗濯できるかなー。

さて、伊豆下田の話も終盤に差し掛かってまいりましたが、
おいしいランチをいただいて、そのあとは下田の街を散策しました。

ペリーロードという黒船でやってきたペリーが歩いた街並みがあるということで、
そちらを目指して歩いて行ったんだけど、観光マップをもらわなかったので、
本当にこちらであっているのか?と不安になりながら歩いていきました。

途中、「坂本龍馬飛翔の地」だという宝福寺というお寺があって、
なんでも、ここで坂本龍馬の脱藩が許されたんだとか。そうなんだ。

それからさらに歩いていくと、了仙寺に到着しました。
ペリーと日本政府の話し合いが行われ、下田条約が結ばれたのがここだとか。
先日のブラタモリでも出てきましたね。

それから参道を抜けていくとペリーロードに着きました。
何ともいい雰囲気ですね。ブラタモリでは花柳街だったとの紹介がありましたが。

川沿いにはカフェなどのお店が並んでいて、気持ちよさそうでしたねー。

奥まで行くと「旧澤村邸」があって、ここがなかなかの見どころでした。

まずはなまこ壁ね。こちらもブラタモリで紹介がありましたが。
漆喰の技術が優れているからできるんだそうで。

建物の中には、漆喰だけで作られたワシの置物がありました。
これ、全部漆喰で作られているんだって。すごいよなー。

さらに、家を建てた澤村さんは下田ドックの創業者だったそうで、
なので、廃船になった資材を使って家が作られているから、
かなり長い梁があるのが特徴なんだと係りの方が教えてくれました。

最後に、海の方まで歩いて行って、ペリー艦隊来航記念碑を。

電車の時間も近づいてきたので駅まで戻りましたが、
なかなか味のある街並みでした。いいですねー。

ということで、下田を後にします。