アースデイ東京

今日はお出かけしてきました。

本日4月22日はアースデイということで、
環境問題への関心を起こす日として各地でイベントが行なわれていて、
そのなかの1つ「アースデイ東京」に行ってきました。

友人のサイト「FARFUGLUR LOG」で知ったんだけどね。

場所は代々木公園でした。

代々木公園に行くのは初めてだったんだけど、
自然がいっぱいで都心だということを忘れさせるような、
とてもいい環境でしたね。

会場に着くと、いろいろとブースが出ていて、
まずは、遺伝子組み換え作物(企画:グリンピース)と、
紛争ダイヤモンド(企画:アムネスティ・インターナショナル)
の話をじっくり聞いてきました。

紛争ダイヤモンドは初めて聞いたから、勉強になったなー。
映画もやってるんだってね。

ちょうどメインステージでは遺伝子組み換え作物の話をやっていたので、
外から聞いていたらなんか見覚えのある人が。

そう、加藤登紀子さんでした。

まだ時間も早くて観客もまばら。
有名人いるのにもったいないなーと思ったね。

次にちょっと渋谷方面に歩いていくと、
今度はTBSラジオの公開録音をやっていて、
そこで片山右京さんがハイブリッド車について話していました。

これはかなり至近距離で聞きました。
ちょうど実家の車がハイブリッドなのでかなり参考になりました。

その後昼食。

ゴミを減らすために食器の貸し出しが行なわれていて、
事前にその情報を知っていたので俺は箸を持参。

お皿を借りて、ダッカルビ丼をチョイス。
辛さと甘さのバランスが絶妙でうまかったね。やっぱ本場だね。

そのあとは、ベロタクシーや右京さんのパリダカの車を見たり、
地雷除去、劣化ウラン弾廃絶などのブースを訪問。

3時半から片山右京さんが今度はメインステージに登場。
簡単な立ち話だけだったので残念だったけど、こっちでは撮影。
(TBSは撮影不可でしたので)

その後5時からの加藤登紀子さんのライブを楽しみ、
大満足で帰ってきたのでした。

たくさんの人がいろいろな取り組みをしていたのに感動でしたね。

人の多さももちろんなんだけど、
取り組むべき課題がこれほどまでに多いのかと。

ただ、やっぱり何か目を惹くものがないと、
なかなか向かおうとする意識が生まれないのはしょうがないんですかね。

単に、問題があるといってもしょうがなくて、
伝える工夫をしっかりと考えなきゃいけないのかなーと。

自分はいつもは伝える側なので、
そんなところについても考えさせられました。