吉田屋のうなぎ

昨日は久しぶりにカラオケに行ってきました。
楽しかったなー。

旅行記もあと少し、
郡上踊りと高山の旅~郡上八幡編2「かりかりふんわり」です。

郡上八幡についてのがお昼ということで、まずは昼食を。

事前に調べたところ、候補が2つありました。
1つはおそば、もう1つはうなぎ。

おそばは「平甚」というお店なんだけど、なかなか人気のようでした。
場所は宗祇水の近くで、思っていたよりは小さめのお店でしたね。

前を通ったときは、ちょっと並んでいました。

うなぎはホテル「吉田屋」に併設されている食堂の「美濃錦」というところ。
今回はこちらをチョイスしてみました。

こちらのお店もけっこう人気のお店だということだったので、
おそば屋さんが並んでいたからこっちも並んでいるかなーと思ったら、
こちらは並ばずに入ることができました。

とはいっても、お客さんはたくさんいて、
ちょうど満員になるかならないかのところで回っている感じ。

値段がちょっとお高めなところでもあるので、
そこまで行列になるってことでもないのかもしれません。

メニューは並か上の2種類で、それを定食にするか丼物にするか。
ご飯にタレがかかっていた方がうれしいので、うな丼にしました。

値段は1550円です。ちなみに上は2150円。

うなぎはどこのを使っているのかはわからないんだけど、
水のきれいな郡上八幡ということで、
この店では、敷地内の井戸でくみ上げた水に数日うなぎを放ち、
餌止めをしてから調理をしているとのことでした。

で、やってきましたよ。もちろん肝吸い付きです。

いやー、おいしかったですね。
外がカリカリで、中はふんわりとろける感じでね。

ちょっと焦げてる部分もあって、それも香ばしいと感じてしまうわけで。

やっぱり、素材そのものの質というのも大切だけど、
調理法というか焼き方というか、それが重要だよね。

国産だって、スーパーで買ってチンして食べてもいまいちだもんね。
中国産でも炭火で焼いてあればうまいでしょうよ。

まあ、中国産はちょっと怖くて買えないけどね。^^

また来年も食べたいなと思ったのでした。
今度は上にしたいね。ぜいたくかな。