のり弁丼

6月に入って、仕事もそこまで大変じゃなくなったんだけど、
なぜか寝不足な日々が続いてしまっているのでした。

早く帰ってきて、早く寝ればいいだけの話なんでしょうけどね。
余裕ができると、逆に、安心して夜ふかしとかしちゃうのよね。

さて、今年度に入って、昼食はほとんどが食堂でって話になって、
水曜日だけは外でちょっとだけぜいたくなものを食べてるんですが、
その話はまた今度にするとして、今日も食堂でいただいてきたのでした。

今日の職場では、ランチは定食か丼ものの2択なんだけど、
今日の丼ものがちょっと変わっていたので、それを食べてきたのでした。

その名も「のり弁丼」です!

のり弁じゃないんですよ。あくまでも丼ぶりなんですよ。

のり弁に乗っていそうなものが乗っかっているという丼もので、
唐揚げ、白身魚のフライ、ちくわの磯部揚げ、ゆで卵(半分)が上に。

ご飯もちゃんとおかかごはんで、その上に海苔も敷いてありました。

これが弁当箱に入っていれば「のり弁」なんでしょうが、
丼ぶりの中に盛られているので「のり弁丼」なわけですね。

見た感じは、男子中学生の弁当かってほど茶色くて、
それだけだとあれなので、自分はこれにサラダをつけたのでした。

それで定食と同じ値段なんだけど、なんか見た目は丼+サラダの方が豪華。^^

お口の中は比較的もさもさしたり、海苔が切りづらかったり、
その辺はのり弁と全く同じでした。そりゃそうか。

それにしても、おもしろいものを考えますよね。

毎日献立を考えなきゃいけないので、
いろいろアイデアを絞り出しているんでしょうねー。

また面白いメニューがあったら試してみようと思います。