かんかんずりずり

今日はまた寒かったですね。そろそろこたつを出したい気分。

でも、今年のこたつ開きは19日ということなので、
あと1週間我慢しようと思います。ああ、寒いなー。

寒くなってきたので、鍋がおいしい季節となりましたが、
ちょっと前に、新潟のお土産としてもらったのが「かんずり」でした。

自分は辛いのは苦手だし、ゆずはあんまり好きじゃないし、
どうなのかなーって思ったんだけど、ちょっと使ってみることに。

少し前の話なんですが、ちょっと鍋をやろうと思って、
適当に肉や野菜や魚なんかを買ってきて、適当に作ってみました。

で、自分はポン酢もあまり好きではなくて、
あの有名なメーカーさんが出してるやつとかありますけど、
ただ酸っぱいだけで、全然おいしくないじゃんって。

なので、たいしたタレを買ってこず、
ネットで調べたら、甘辛な感じのしょうゆだれを見つけて、
最初はそれで食べてたんだけど、途中から「かんずり」を投入。

そしたらですね、これがまたおいしくてですね。

あれこそがまさにポン酢なんでしょうね。
最初に醤油の風味、そして甘み、その後に辛み、最後に柑橘の風味。

いやー、あれはおいしかったなー。かなり上品な味で。

ということで、意外にもと言ってはなんですが、
「かんずり」をとても気に入ってしまったのでした。

そういえば、あの味なんだけど、
居酒屋の魚民のメニューにある豚串に付いてくるのと同じかなって。
(今はもうメニューにないみたい…)

なので、次は豚をカリッと焼いて、それに付けてみたいかなと。

全国にはまだまだおいしいものがあるんですね。
また新たなものが発見できるといいなー。