まだまだ小海線

今日はちょっとお出かけしてきました。下見というかそんな感じで。
近くには大学があって、あんなところに作るんだねー。人いっぱい。

まあ、自分が行っていた大学も同じようなもんですかね。

ということで、連休中に小海線に乗ってきたわけですが、
野辺山までがメインな感じで、あとは小諸に向かって千曲川沿いをひた走る感じでした。

なので、まずは腹ごしらえ。お昼ご飯は小淵沢駅で駅弁を買っておきました。

昨年までは、オプション料金を払えば車内で軽食がいただけたのですが、
今年からなくなってしまったようで、でも、お弁当の方が安いのでいいとしましょう。

買ったのはその名も「元気甲斐」というお弁当。名前だけ聞くとあれですけどね。
でも、けっこう人気があるんだそうで、ご飯が2種類入っていてボリュームも満点。

くるみご飯もおいしかったですが、栗おこわがもちもちで最高でした。

なんて食べている間に松原湖駅を通過。

この小海線は、中学1年の時に部活の合宿できたところで、
休みの日にみんなで松原湖まで行ってボートに乗ったんですよね。いい思い出。

そんな感じのことは以前に書いたことがあるのですが、
お世話になった宿が佐久海ノ口駅前にあった「和泉館」というところです。

もう30年以上前のことになるわけですけど、当時は駅前は何もなかった記憶があって、
でも、今は家がいくつも建っていて、開発が進んでいるんですねー。

中込駅では駅員さんたちが歓迎してくれました。こういうのはうれしいですよね。

小諸が近づくにつれて浅間山も見えるようになって、多くの方々は佐久平駅で下車。

ということで、2時間かけて小諸に到着しました。
小諸なる古城のほとり、雲白く遊子悲しむ…。

いや、自分は悲しんでいません。^^