Uber Eatsに返金された話・後編

前回の話の続きです。

Uber Eatsでキンパとチキンのセットを注文したはずがキンパしか届かなくて、
それを連絡した後に、実はセットじゃなくてキンパだけでよかったのでは、と気づいた話です。

おそらく自分の勘違いで、商品が足りていない、という連絡をしてしまったのでしょうから、
お店からは、チキンはセットじゃなくて具なので間違いないです、って返事が来るだろうなと。

そしたら、「あの写真じゃセットと勘違いするだろうが。紛らわしいんだよ。」って、
そうやってこたえようかなーなんて考えていたのでした。

数時間経って、Uber Eatsからメールが来て、その内容を見て驚き。
「注文に不備があったので、今回の注文については全額返金します」だって。

えー、全額返金なの? チキンの分だけじゃなくて全額なの?
そもそも、本当にセットだったのかお店に確認したの? というのがその時の自分の感想。

普通の人ならそこで、「ラッキー、ただで食べれちゃった」になるんでしょうけど、
めんどくさい私は、それでホイホイとお金を受け取るような人間ではありません。

そのメールに返信しました。本当に店に確認したのか、私の連絡は間違いなんじゃないのか、と。

そしたら、それに対して返事があって、
返金もしたし、お詫びに500円分のクーポンも発行したんだから、もういいでしょ、的な内容。

なにその対応。金返したんだからこれ以上文句言うなよって、そう言われているようで。
(実際に文面はそういった内容がとても丁寧に書かれているのではありますけど)
しかも、500円クーポンってなんだよ。そんなの聞いてませんけど、とイライラ。

ということで、アプリをいろいろ見ていたら、たしかに500円クーポンが入っていました。
そんなの向こうからの連絡では一切触れられてなかったのにね。

なんか、クレーマーにはお金渡しとけば黙るからそうしとけ、と言われているようで、
こちらとしては、セットなのかどうかが知りたいところなわけだし、
セットじゃないなら紛らわしい写真を載せるな、とお店に言いたいわけなんですよ。

そこでまたメールを返信。こちらのミスかもしれないのに返金されるのは申し訳ないし、
さらに500円のクーポンまで発行されるのは心外だと。返金もクーポンも取り消してくれ、と。

そしたら、さすがにそのメールの返信は日をまたいで次の日に来たんですけど、
返金取り消しも難しいしクーポンもぜひ使ってください、という返事。
1つ前のメールよりももっともっと丁寧な文面になってました。

ということで、結果的には、自分にとっては不満残る形となってしまったのですが、
普通は、返金された時点で引き下がるものですよね。

しつこくやり取りしてしまってすみませんでした。
でも、なんでもかんでも返金すればいい、という対応はどうなのかとは思います。

twitterで検索してみたら、Uber Eatsはけっこうそういう対応を取っていることが多いみたいで、
そのせいでクレーマーが増えてしまうことになるのでは、と不安視している人もいました。

その場しのぎの対応をしたところで、何の解決にもならないと思うんだけどなー。
効率性を考えたらそうなってしまうのでしょうか。対応するより返金した方が早いと。

以上、なんともな出来事でした。お前がだよ、って突っ込まれそうですが。