郡上のお味噌汁

今日は終戦の日。この日の年号くらいは忘れてほしくないものです。

さて、そのこととは全く関係ないのですが、
毎年行っているのが郡上八幡で、今年も7月に行ってきたわけですけど、
毎回楽しみにしているのがお味噌汁なのです。

いつも同じようなところに宿泊させてもらっているんだけど、
泊まるところが違っても、どこの朝食でもお味噌汁が出されて、
そのお味噌汁の味がとてもお気に入りなのでした。

なんとも独特の風味があるんですね。
おかわりしてもいいと言われるので、毎回もう1杯いただくんですけどね。

その味をなんとか東京でも楽しめないものかと思っていたら、
たまたまスーパーで買った「産地のみそ汁めぐり」という即席のみそ汁に、
「三州豆みそ合わせ」という味が入っていて、それが郡上のに近い感じ。

ただ、10食入っているうち2食分だけなので、
もちろん、他のお味噌もおいしいんだけど、それ目当てで買うわけにもいかず。

ということで、今年はとうとうお味噌を買ってきてしまいました。

郡上の地味噌は有名なのが3種類くらいあるようなのですが、
いつも買い物をする城下町プラザというところには2種類が置いてあって、
味噌汁用と書いてあった「しみず味噌」を買ってきました。

2つあるうちそっちの方が甘めだということと、
だいたい郡上の街の人はこっちですねってお店の人が教えてくれたので。

で、袋には要冷蔵と書いてあったんだけど、お店の棚には常温で持ち帰れると。

ん?と思って、一応お店の人にこれは大丈夫なのか聞いてみたら、
「まあ、味噌なので」と大丈夫だと言われたのでそのまま買ってきました。

常温で置いておくと風味が損なわれるということなので、
家に帰ってきたらもちろん冷蔵庫の中に入れておいてあるんだけど、
困ったのは、次の宿泊地に着いてリュックを開けたら中が味噌の香りだらけ!

なので、ホテルでも冷蔵庫の中に入れておいて、少しでも香りをおさえようと…。

味噌の香りって強いですよね。やっぱ、発酵しているからなのかね。
ビニール袋に何重に入れていてもシャットアウトできないものなー。

じゃあ、冷蔵庫ではどのように保存しようかということで、
そこで見つけたのが無印で売っていたホーローの容器で、
完全に密閉することができるので、お味噌にはもってこいなのでした。

実際に、何度かお味噌汁を作って飲んでみたんだけど、うん、あの味です。

味噌を入れる量が適当なので、調整をうまくできればいいかなーと思うところです。

家であの味を年中楽しめるのはうれしいかぎりです。
また来年も買って帰ってこようかな。青山で買うのもいいかもですね。