多摩丘陵の尾根ハイキング

今年は連休を楽しめていると思います。
昨日はオンライン同窓会、そして今日は軽くハイキングしてきました。

といっても、遠くまで行ったのではなく、出発地点までは自転車で。
高幡不動駅前からスタートして、多摩丘陵の尾根を歩いてきました。

その名も「かたらいの路」で、高幡不動尊の中を通って山を登り、
その後、多摩動物公園の外側を歩いて行くコースです。

学生時代に逆側から途中まで歩いたことがあったのですが、
夜に歩いたので、夜景はきれいだったけど、ちょっと怖かったんですよね。

今回は高幡不動尊側から。まずはお参りをして、五重塔の横に地図が。
でも、それを見てもどっちに行っていいのかわかりませんで…。

正解は右に曲がるみたいだったんだけど、まっすぐ行って、あ、違う。
そのまま上へと進んで、見晴らし台に出ました。

その後は、案内標識もあったのでそれに従って、高幡不動尊を出て住宅街に。
地区センターのある場所から階段を上がって、いよいよ木々の中に。

ただ、多摩動物公園の外周なので、片側はずっと柵で、
なので、あまり開放感がないんですよね。

動物の声が聞こえてくる中を5分ほど歩いていると視界が開けました。
富士山も見えたけど、ちょっと雲に隠れちゃってました。

途中、双眼鏡を除いている人がいて、どうやらチンパンジーを見てたみたい。
多分見えたんでしょうね。ワシやコウノトリは普通に見えます。

コアラ館の上のワライカワセミ(クッカブラ)のいる場所も園内が見えて、
そこからの眺望もなかなかだったはずなんですが、草木が遮っていました。

オランウータン舎も見えたけど人影はなし。

そのまま、七生公園を通って、多摩テックがあったあたりに出ました。
1時間ちょっとかかりましたね。ちょうどいい距離かなと思います。