釜石線の旅

やっぱり東京は暑いですね。
汗ダクダクかきながら夕方まで眠ってしまいました。

さて、
今回の岩手ではちょっと旅チックなことをしてきました。

それが「釜石線に乗ってみよう」です。

岩手の家は線路沿いにあるんです。

そこを走っているのが釜石線という路線で、
花巻から釜石までを結んでいるんだけど、
電車(ではなく列車)が通るたびにやっぱりすごい音がするんですよ。

ただ救いなのは、その路線は単線なので、
通るのは1日に上下線あわせて20本程度なんですね。

で、今回はその列車に乗ってみようかと。

昔小さい頃にも1度乗ったことがあるんだけどほとんど覚えてなくてね。

さて、問題なのはどこに行こうかってことで、
はじめは釜石まで行ってうまい海鮮丼でも食おうかと思ったんだけど、
なかなか時間もかかるし帰りも心配だったので、
花巻まで行くことにしました。

家の近くの岩根橋駅までは歩いて10分。

かつては有人駅だったということで、
たしかに昔乗ったときは切符売り場もあったし、
待合室もかなり大きかったんだけど、
今は無人駅でかなりこじんまりとしていました。

ってことで、列車に乗ってから車掌さんに切符を売ってもらう。
(今回乗ったのはワンマンではありませんでした)

2両しかなかったから混んでて座れず…。
スピードは最高で80キロくらい出てたからよくゆれたね。

家のそばを通ったときは車内からパチリ。

花巻までは30分と、あっという間の乗車でした。

さて、この釜石線なんだけど、
宮沢賢治の銀河鉄道のたびのモデル路線ってこともあって、
「銀河ドリームライン」っていう愛称が付けられていて、
各駅にもエスペラント語によって愛称が付けられているんですよ。

たとえば、俺の乗った岩根橋駅の愛称駅名は「フェルヴォイポント」。
「鉄道橋」って意味なんだけどね。

宮沢賢治の作品では、
よくこのエスペラント語が使われているということなので、
そういう話になっているんですよ。

今回乗った列車ではそうではなかったけど、
この愛称駅名も車内アナウンスで言うことがあるとか。

今度はゆったりと端から端まで乗ってみたい気もしました。