SOHOとフェリー

人生いろいろですね。

香港ネタもそろそろいいかと思ってきました。
まだまだ続くんですけどね…。

ということで、香港旅行記9~「乗り物編3:エスカレーターとフェリー」です。

ピークからおりてきて、次に向かったのはエスカレーターです。

ただのエスカレーターじゃありませんよ。
セントラルからピーク方面に全長800メートルもあるんです。

ただ残念なのは、エスカレーター1基で800メートルではなくて、
いくつものエスカレーターと動く歩道が連なっているだけ。

そういうことなんです。

で、それにずっと乗っていてもなんでもないので、すぐに降りてSOHOに。

何で、SOHOというかはわからないんだけど、
いろいろとおしゃれな感じの町並みが続いていました。
(おうちで仕事をするってのとは関係ないみたいですよ)

その後、骨董通り(ハリウッド・ストリート)を通って文武廟に。

由緒正しきお寺だそうで、文と武の2体の神が祀られています。
なかには面白い形をした線香が。
なんでも、2週間も燃え続けるらしいですよ。

その後、トラムに乗って再びセントラルへ。
そこからフェリーに乗って九龍側に戻りました。

スター・フェリーは地元の人の通勤手段となっていて、
観光目的ではないので、やっぱちょっとって感じでしたね。

大きくていいんだけどね。
下関から乗ったフェリーを思い出しました。

乗っているのは数分。
眺めもなかなかいいんだけど、ゆれてるからなかなか写真には収めにくかったです。
船員さんが着ているセーラー服がかわいいと。

その後、行きつけのお茶屋さんに連れて行ってもらって、
そこでお土産用にお茶をごっそり買い、
さらに、水晶とヘマタイトでできているブレスを買いました。

そこのおばちゃんは気を入れてくれるということだったので、
ブレスに入れてもらいました。

さらに、その気が見えるということでじっと見てたんだけど、
うーん…って感じ。わしには無理な話でした。

外にでるともう日が落ちていて真っ暗。
次は、再びピークに戻って、100万ドルの夜景を拝むのでした。