冬の大沼公園

なんともいろいろと考えさせられる1日となりました。
まあ、結局は必要とされていないんだろうなーって。

別に、負け犬の遠吠えというわけではないですが、
そんなところの行く先はろくなもんじゃないと思いますけどね。

さて、旅の話を続けましょうね。2日めです。
お腹もいっぱいになったところで、まずは大沼公園へ。

普通列車にごとごとと揺られながら向かいました。
途中、来年開業の北海道新幹線の線路が見えてきました。

駅もあったんだけど、あそこが「新函館北斗駅」になるんですね。
今は「渡島大野駅」がある場所です。

大沼に到着する前に小沼が見えてきました。
遠くに見える山と相まっていい景色ですね。

さて、大沼は冬にはほとんど凍っているわけで、
その姿もなかなかですが、やはり季節的には夏や秋がいいとのこと。

大沼のまわりにある散策コースを歩きましたが、
ともかく真っ白な景色ですからね。なんとも飽きてきます。^^

湖の端ではワカサギ釣りをしていました。
釣れるんでしょうかね。1人でやってもと思ったので、今回はスルー。

雪の上には動物の足跡も。なんだろう、キツネとかなんでしょうかね。
実際の姿は見ることができませんでしたが。

で、観光案内所に行ったら、ちょっと離れたところに白鳥がいると。
なので、そこまで歩いて行ったら、普通にいました。

この場所は大沼と小沼の先にあるところで、
水が動くので、冬でもこの部分だけは凍らないんだそうです。

白鳥と鴨が観光客からのエサの争奪戦をしていました。
それを遠くからカラスが狙っているという構図。

でも、カラスが一番弱いんですね。なんかおもしろいな。

1時間ほど回って戻ってきて、
まだ時間があったので、スノーモービルに乗ってみました。

まあともかく寒かったんですが、
スロットル全開で走ったら気持ちいいでしょうねー。

2時間ほど大沼公園で過ごして、それから登別に向かったのでした。