not「月」but「調」

今日もいい天気ですね。

部屋の中だと、外の暖かさがすぐに伝わってこないので、
ほんのり暖かい程度でちょうどいいのかもしれません。

洗濯物がよく乾くのは助かります。
なんて書いているとまたこの話題で終わってしまうので、さっそく本題に。

昨年の春から始まった「萩の月」の通信販売なんですが、
先日、その販売会社の三全から期間限定販売を知らせるメールが。

期間限定って言葉にはめっぽう弱い私でございまして、
今度は何かと読んでみたら、「萩の調」を販売すると。

「萩の調」というのは、萩の月のチョコレート版のお菓子で、
かつては販売していたそうなんですが、2011年から販売休止に。

それを期間限定で復活させるということだったのです。

それはもちろん食べてみたい!と思って、さっそく購入しました。

なんともしっかりとした箱に入って届きましたね。
味わいも確かに格調高い感じなので、納得の包装です。

チョコレート味というかココア風味という方がいいかもしれませんが、
そこまで甘くなく、上品な味わいといったところでしょうか。

お酒が入っているのか?と思うほどの香り豊かな感じで、
「萩の月」よりも格が1つ上であるという印象を受けました。

値段も「萩の月」よりも高めの設定で、あと、賞味期限がけっこう短いんですね。
風味が飛んでしまうということなんでしょうかね。

1日当たりの販売数が制限されていて、毎日10時の販売開始ですが、
自分が買った時は、10分経たずに売り切れてしまっていました。

なので、興味のある方は、ぜひとも“10時打ち”に挑戦してみてください。

また、東京駅では、白い萩の月を買えるみたいですね。
こちらもまた高級感があってすごいですね。いつかこちらもいただいてみたい。

「萩の調」との特別セットもあるみたいなので、
そちらを狙うという手もありそうです。

ネットからの注文は4月7日までとのことですのでお早めに!