香港の地下鉄

朝は嵐で、昼はぽかぽか、夜は冷え冷え。
北海道では突風が吹いたみたいですね。大変だ。

ということで、毎日更新していきましょう。
香港旅行記4~「乗り物編1:地下鉄に乗る」です。

これまでの話は九龍地区でのことだったんだけど、
いよいよ海を渡って香港島に上陸することに。

海を渡る手段はいろいろとあるんだけど、まずは地下鉄に乗りました。

ということで「Subway」の看板にしたがって…って、
実はこの「Subway」は地下鉄への道じゃないんですよ。
(これは事前にネットで見つけて知っていたんですけどね)

これは単なる道を渡るためだけの地下道。
地下鉄のマークは、下の写真の真ん中の米マークなんですね。
(米の左の矢印っぽいのは九廣東鐡という鉄道のマークです)

で、切符は券売機で行き先の駅を押すと金額が出てくるので、
その額を入れれば切符が出てくるんです。

かなり便利だけど、駅数が少ないからできる技ですね。

切符といっても、プラスティックカードで、
金額も何も書いてないんだけどね。

ただ、今回俺は「オクトパスカード」というものを購入しました。

これはこっちでいうsuicaみたいなもんなんだけど、
地下鉄だけじゃなく、バスやトラムやフェリーにもこれで乗れるし、
マックとかのお店でも買い物ができちゃうすぐれもの。

ピッとやるのはスイカとまったく同じ。
1枚150ドル(うち保証金が50ドル)で、2日で使い切りました。

金額が足りなくなると保証金を食いつぶしてくれるんだけど、
さすがに保証金を食いつぶすのは1度だけで、
そうなると、お金を入れないとつかえませんでした。

なので、99ドル使っている段階で、
51ドルの買い物をすると使いきれるってことだよね。

おれは、39ドルくらい残して持って帰ってきました。
使いまわしだからちょっと汚れてるけど…。

で、それを使って乗車。ちょっと混んでたね。
車内には電光掲示もあってわかりやすい。乗り換え線まで光ってくれる。
乗り換えもスムーズにできるようになっていて、なかなかでした。

イスはアルミらしき金属製でちょっと座りづらい。
浅く腰掛けようとするとすべっちゃうんだよね。

車両の前後は緊急脱出口になっていて、
運転席はまったく見えない構造になっていました。残念。

ホテルの近くの佐敦駅から目的の銅鑼灣駅までだいたい15分くらいかなー。
(佐敦はジョーダン(ジョートン)、銅鑼灣はトンローワンと読みますよ)

そこから歩いて10分くらいのところに、
正午になるとドカンと来る場所があったのでした。

って、今回は地下鉄だけになっちゃいましたね。
プチ鉄っちゃんだからしょうがないね。