トロリーバスと大観峰

何か明日にも関東は梅雨入りするなんて言われてますね。早いよな。

まあ、最近はもっぱら運動するのも屋内なので、
クリケットやってるときはちょっとなーって感じでしたけどね。

さて、旅の話もだんだんと終わりに近づいていますが、
室堂を後にして、次に向かうのは黒部ダムでございます。

で、その前に、立山黒部アルペンルートの見どころというか乗りどころの1つ、
トロリーバスの区間がやってまいりました。

トロリーバスは電車のように架線が走っていて、
そこからの電気で走るバスなのです。

バスはトンネル内を走っていくので、排気ガスを出せないから、
なので、そんな形での運行をしているのですね。

日本でトロリーバスが走っているのはこの立山黒部アルペンルートだけ。
海外では普通に街中を走っているところもあるそうですが。

ちょうど発車時間間際だったので、列に並んで乗車を待ちましたが、
2つある車両のうち後ろの方に乗ったらかなりがらがらで、
一番前の席に座ることができたのでした。

トンネル内をけっこうなスピードで走っていくバス。
めずらしいので動画を撮ってみました。

けっこうな運転技術が必要なんでしょうね。集中力の方が必要なのかな。

途中、バスがすれ違いました。タブレットを交換してるっぽかったな。

およそ10分ほどで到着したのは大観峰です。
ここからの眺めもすばらしかったですねー。黒部湖が見えています。

そして、次に乗ったのはロープウェー。
下りだったので、景色はそこまでって感じでしたね。

黒部平に到着して、ここからも黒部湖やダムが見えました。

次はケーブルカーです。待ち時間の間に服装を冬から春に転換。
モニタでは大観峰は5.6℃に対し、ダム周辺は14.1℃ということでしたので。

ケーブルカーはほとんどトンネル内の走行でしたね。ちょっと残念でした。

そしていよいよ、黒部ダムに到着なのでした。