神戸経由鳴門行

旅行中に住んでいる家の屋根の吹き替え工事が始まって、
帰ってきたら屋根がピッカピカになっていました。

でも、まだ工事は続いているんだけど、自分は明日休みなんだよね…。
朝からガタガタされちゃうのは残念なわけで。

ということで、もう今年はどこにも行けないと思っていたんですが、
いきなり休みができて、ついつい予定を入れてしまいました。

今回は2泊3日ということでしたが、当初は4泊5日の旅程を考えてしまい、
徳島と香川で終わらず、高知にも寄ってそこから四国の南西部を通って、
宇和島、松山、今治を経て、尾道に抜けてしまおうという大行程。

でも、当時はけっこう忙しい日々が続いていて、
自分で作ったものにもかかわらず、それを見ているだけで疲れちゃって、
こんなの行きたくねーなーって思ってしまったのでした。^^

あので、その時点で旅に出るのはあきらめていたんだけど、
なんかまた行く気が出てきて、旅程を縮めたら納得いくものができて、
今回は徳島と香川だけをまわることにしたのでした。

徳島に直接行ってもよかったんだけど、まずは渦潮を見るってことで、
渦潮が起こりやすい時間に合わせていかなきゃいけなかったのと、
徳島に直接行くよりも神戸からバスで行った方が安かったので、
まずは神戸空港に行って、そこからバスに乗って淡路島を通過しました。

で、行きの飛行機で外を眺めていたら、
別の飛行機が下から上がってくるのが見えました。JAL機でした。

ああいうのを見たのは初めてだったんじゃないかなー。

すごく小さく見えているのでけっこうな距離があるだろうけど、
安全面では問題ないのかなーとか思ってみたり。

神戸空港には5年前にも行ったことがあったんだけど、
その時は関空から船で行ったので、飛行機で行くのは初めてでした。

そして、ポートライナーに乗って三宮へ。

ポートライナーはまだSuicaに対応していないそうで、
ひさびさに切符を買いました。対応は来年の春以降だそうで。

三宮から高速バスに乗って、明石海峡大橋を渡って淡路島へ。
といっても、普通に通過するだけだったので、特に何もなし。

当初の大行程は初日に淡路島に泊まるプランだったんですけどね。

で、うとうとっとして起きたらもう鳴門大橋でした。

バス停は「鳴門公園口」だったんだけど、橋の端で降ろされて、
海の上だけあって、降りたら風が強くて大変でした。