福井の水ようかん食べくらべ

今日もちょっと早起きでした。新年度が始まってしまうなー。

さて、旅の話はまだまだ続くわけですが、今回はおやつの話でも。

以前にもご紹介したことがあるのですが、
福井では冬に水ようかんを食べる習慣があるということで、
旅の最中にもいくつか食べてきたのでした。

初めて食べたのが「えがわ」の水ようかんで、
今年はさらに「錦梅堂」のものも東京で食べました。

で、他にも売っていないかなーと思って探したら、
福井駅にあるコンビニで「村中甘泉堂」の水ようかんを発見。

2日めの夜にホテルで食べました。

「村中甘泉堂」のはけっこう黒糖の風味が強くて、
「錦梅堂」のよりも黒糖感があるかもしれないですね。

そして、3日めには、駅構内のお土産屋さんで、
栄太楼」というお店の水ようかんを購入しました。

ちょうどこの日は2月29日だったんだけど、
「栄太楼」では、水ようかんの販売は2月いっぱいで終了するらしく、
ギリギリで手に入れることができたのでした。

で、この「栄太楼」のはけっこう甘さが強くて、
今まで食べてきた4種類の中で一番の好みの味でした。

もちろん、人によって好みがわかれるかと思いますが、
今のところの自分的なNo.1は「栄太楼」ですねー。

もちろん、「えがわ」の水ようかんも食べてきました。
帰りの新幹線の中で。^^

おそらく「えがわ」のが一番売れているんじゃないかと思うんだけど、
やっぱ、味的に万人受けしそうな標準的なものだものね。

人にまずお勧めするなら「えがわ」になるでしょうね。

ということで、福井の水ようかんの食べくらべでしたが、
残念なことに、福井の水ようかんは冬のものですからね。

次に味わえるのは半年先のことになるでしょうか。

あんまり冬は好きではないんだけど、
早く冬になってほしいなーと思ってしまうのでした。