発信源になるということ

前回の続きです。

友人のライブを聴きに行って、
何か新しいものを作るってっことは素晴らしいことだなって。

俺は楽器弾けないし、絵はとてつもなく下手だし、
とてもとてもアーティストにはなれないわけで、
だからこそ、とてもうらやましいし、すごく尊敬できちゃうんです。

毎週日曜日に「ボクらの時代」って番組を見てるんだけど、
(さすがに早起きはできないので録画で)
この番組はゲスト3人が気ままに話すトーク番組なんですよ。

で、先週のゲストが福澤朗、八木亜希子、渡辺真理で、
フリーのアナウンサーの3人の回だったんですよ。

その番組の終盤で、
自分たちアナウンサーってのは発信源になっていない
まわりの情報を伝えているだけで自分では何も作っていない
聞いているばかりで聞かれる立場になっていない

そんな話が出てきたんですね。

なるほどなー、なんて思いながら聞いてたんだけど、
よくよく考えてみれば、教員ってのもそういう性格が強いかなって。

世の中こうなってるんだよって紹介するだけで、
こんなこと考えてた人がいたんだよって紹介するだけで、
自分が何かを生み出すってことを忘れてしまっていました。

教員にとって、発信源になるとはどういうことなのか。

1つはその教え方の工夫ということなのかもしれないですね。
独特の授業を展開している先生が紹介されたりするもんね。

もう5年目に入っていて、
教える内容を逐一おっていく必要はすでになくなっているのだから、
授業そのものの展開について考えなきゃいけないはずなのに、
ほとんど考えられていない自分を反省しました。

もう1つは研究なんだろうな。

教員は教えるだけではなく、
研究者としての性格も持っているはずなんです。

実際、俺が通っていた高校では、紀要が発行されてたりしたんだよね。

例えば、今年の夏に参議院議員選挙が行なわれたけど、
その結果を見て「非拘束名簿方式の意義はすでに失われているのでは」
との感覚を持ったんですよ。

それを、データ集めて分析をして、
論文にまとめたくなっちゃったんだけど、
大学院にいればささっとできちゃうことかもしれないけど、
結局、できずじまいなわけですよね。
(誰か俺のかわりにやってください)

時間もあるし、設備もあるし、
そんな環境に恵まれていたらまた違うのかもしれないんだけどね。

まあ、やる気出せば時間くらい作れるかな。
設備はどうにもならないけど。

はい、単なる言い訳です。

まあでも、将来的には、
そういう研究も出来るような学校に行きたいなとか思ってみたり。

今の学校は、あんまそういう環境にはない気がするので。

いずれにせよ、
何らかの形で発信源になることを意識していこうと思ったのでした。