「おくりびと」

今日はシルバーウィークの中でもお休みの日。
でもってのはおかしいかもしれないけどね。

で、お休みなので、たまっているレポート課題を片付けようと思ったんだけど、
ガッツリ昼寝をしたので、夜になってから取り組むのでした。

でも、TVタックル見たかったし、そこでメシを食うってことで中断。

TVタックルのあと何見ようかなーと新聞を見ていたら、
TBSで「おくりびと」をやるというので、TVタックルを途中でやめて、
こちらを見ることにしたのでした。

前に家で「殯の森」を見たときみたいに、
部屋を暗くして、音量もめっちゃ上げて、映画館な気分に。

アカデミー賞を受賞して話題になったときは、
ちょっと見に行きたかったんだけど、映画館は激混みだったんだよね。

なので、人ごみの中でみるのはいやだからと行かなかったのでした。

今回の放映はノーカットバージョンってことでありがたかったね。

ってことで、感想なんだけど、
今回はすでに上映が終わっている作品だから、このまま書いちゃいますね。

話の流れはそこまで劇的なものはなかったし、
逆に自然な感じがあったというわけでもなかったから、
まあ、普通なら普通の映画なのかなーと思いました。

シーンでは、クリスマスのシーンがよかったね。
みんなで鶏食ってるのとか、その後チェロを聞くとことか。

もちろん、納棺のシーンは涙してしまうわけですが、
まあそれはそういうシーンなんだからしょうがないわね。

だからこそ、そんなシーンばっかじゃなくて、テイスト変わるのがよかった。
あと、音楽も力強い感じで、さすが久石譲ですね。
ちょっと、ジブリっぽいというか、千と千尋チックかとも思ったけど。

配役がよかったなーって。笹野さんの役どころがやっぱよかったかな。
最後は峰岸徹でなくてもよかった気がしないでもない。

映画のテーマはいろいろあって、なんかぶれそうな気もしたんだけど、
どれもうまくまとまっていたという感じでしょうか。

職業差別については、そういう視点があるんだなと。
忘れていたというか、そういう感情を持つ人って多いのかなって。

前に、ドラマ「北の国から」のなかで、
純君が東京から帰ってきて、ゴミの収集の仕事に就くんだけど、
そこで、自分にもゴミのにおいが付いているのではないかと、
香水をつけまくっているのを彼女に指摘されるってシーンがあってね。

それをふと思い出しました。

自分の仕事を誇りを持ってやれるかってのはやっぱ大切だね。
プロテスタントに職業召命観とかあるけど、言うのは簡単でね。
学校出るときは、スーツにチョークついてないか確認しちゃうもんね。

死は門なのか。

いい表現だなーって思った。