「殯の森」

火曜日はお休みです。

でも、今日は学校に行ってテストの採点をする予定だったんだけど、
昨日けっこうはかどったし、かなり疲れたのでお休みしました。

で、家でゆったりと映画を見てみました。
殯(もがり)の森」です。

先日のカンヌ国際映画祭において、
最高賞に次ぐグランプリ(審査員特別大賞)を受賞した作品です。

日本では6月23日から「シネマ・アンジェリカ」にて公開ということですが、
それに先立ってテレビで上映されたんですよ。

Yahoo!かミクシィのニュースで見つけたのかな。
今日の20時からNHKのハイビジョンでやるって。

で、うちにあるテレビは14型のテレビデオなんだけど、
ケーブルテレビの回線でテレビを見ているので、
PCで受信するとBSデジタル放送が見れるんですよ。
(ケーブルテレビに加入しているわけではないです)

ってことで、
上映されたら見に行きたいかな、とも思っていたので、
部屋を暗くして映画館気分で見てみました。

で、感想なんだけど、やっぱり難しかった。

映画祭で大賞を取っちゃうような映画って、
その筋に人には伝わるんだろうけど、
俺みたいな人間には伝わらない難しさがあると思っていたら、
やっぱり難しかったね。

放映後に監督インタビューがちょっと流れて、
映画の解説じゃないけど、紹介VTRもあったので、
それを見てなんとなくわかったような気がしました。

感想は「続きを読む」からどうぞ。
たいした感想じゃないけど。


殯(もがり)とは、
敬う人の死を惜しみ、しのぶ時間のこと
また、その場所

という意味があるそうです。

妻を33年前に亡くした認知症の男性と、
わが子を亡くした介護士の女性の2人の話なわけだけど、
なぜその組み合わせなのか、見ていてわかった気がしました。

認知症の男性役の人なんだけど、俳優さんというわけではなく、
監督の手助けをしていたライターさんなんだそうです。

そんなことは思わせないすばらしい演技だったんだけど、
でも、ちょっと他の老人の人とやっぱオーラが違うというか、
血色がいいんだよね。

そこはちょっと気になったところかな。
移った瞬間に、はい、私主役ですよってオーラがあるって言うかね。

まあ、そんなところはどうでもいいことなんだろうけど…。

メインテーマは死と向き合うってことなんですよね。

映画の前半に「生きてる」とは何なのかって話があって、
生きながら死と向き合わねばならないわけで、
でも、死と向き合えたからこそ生きられるのかもしれないわけで、
そういうことが言いたいのかなー。

放映後の監督インタビューで、
認知症の人は認知ができないだけで、感情はあるのだ
そんなことを言っていました。

そういうメッセージもあるそうです。