アイヌ文化に触れる

気づけば、旅行から帰ってきてからはずっと休みがないんですよね。
18連勤。といっても、毎日数時間しか働いていませんが。

ってことで、旅の話は3日めに入ります。

登別温泉は平日にもかかわらずけっこうな人でした。
外国人と学生が多かったかな。いいお湯でしたけどね。

で、登別から特急に10分ほど乗ってすぐに下車。白老駅です。
ここにアイヌ民族博物館があるというので、ちょっと行ってきました。

博物館の敷地の隣には公園があって、そこにも家が展示してありました。

さて、有料ゾーンの博物館に入ります。
入ってすぐに大きな像がお出迎え。村の長なんだそうです。

中には北海道犬と熊も飼われていました。
犬は猟犬として熊を追いかけていたそうです。

で、簡単な講話と踊りの披露があるというのでそちらへ。

家の中の囲炉裏にはちゃんと火が炊かれていて、
その煙で鮭をいぶしているとのことでした。この鮭は本物。

アイヌの話をちょっと聞いて、いろいろ参考になりました。
で、後半は踊りと楽器の演奏がありました。

踊りの歌はけっこう明るくて、そういうものなんですね。
台湾で見たものほどではなかったけど。映像も撮ってきたのでどうぞ。

ああいうものを伝承していくというのは大切ですね。
それにしても、口で演奏していたあの楽器は不思議。

博物館の展示を見てから、湖のほとりにも行ってみました。
「ポロト」が大きな湖って意味なんだって。

それから、軽い昼食としてカフェで「ニセウうどん」を食べました。
どんぐりの粉が麺に練り込んであるということでした。
乗っかっているお肉は鹿肉だって。

味的にはあまりわかりませんでしたかね。鹿肉はこんなもんかなって。

ということで、簡単ではありましたがアイヌの文化に触れられました。
寄ってよかったな。