阿蘇山火口

一気に寒くなりましたね。ホント寒すぎです。
でも、また暖かくというか暑くなるみたいだけどね。

ってことで、9月最後の更新です。

阿蘇山と由布院・別府の旅~阿蘇山編3「火口に登る」です。

草千里からいよいよ火口へと向かいましたが、
火口までは車でそのままあがっていけるんですね。

まあ、便利といえば便利だよね。
ただし、有料なんだけどね。560円かかります。

駐車場はそんなに広くないので、いっぱいになってしまうと登山規制が。
ってことで、待たされるのも癪だから、昼時に行ってみました。

けっこうあっという間なんだよね。
なので、徒歩で登っている人がけっこういましたね。

火口へはロープウェーも出てるんだけどね。往復で820円です。

さて、頂上について、いざ火口へと向かったんだけど、
あちこちに火山ガスに関する警告表示が出ていました。
(俺が行った時は青ランプでした)

火山は活動中なわけで、二酸化硫黄や硫化水素がバンバン出てるとのこと。
なので、風向きが悪いと火口周辺への立ち入りが禁止されてしまいます。

今回は日ごろの行いがよかったのか、
追い風が吹いていたので、火山ガスの心配もなく、
また、立ち上る湯気に邪魔されることなく火口がよく見えました。

火口湖には硫黄らしき黄色いものが浮かんでいました。

まさに今も活動してるわけだからね。
そのすぐそばにいるってのがなんか不思議でした。

火口付近はやっぱり火山ってことで岩がゴロゴロ。
待避所もあちこちに設けられていました。

では、立ち上る湯気をご覧ください。(動画は削除しました…)

火口を堪能して降りていくと、すぐのところに砂千里が広がっていました。

草千里とは違ってこちらは一面砂だらけ。
まあ、この方が火山らしいんですけどね。

歩道が整備されていたので、また小高い丘まで歩きました。

でも、整備されていない部分もハイキングコースになっているようで、
その砂地を歩くと、火口の反対側(東側)にいけるとのことでした。

東側にも展望所があるので、そちらからも見てみたいところだったね。
(でも、東側から火口の中は見えないらしい)
東側にもロープウェーがありますが、駅から火口まではけっこう歩くみたい。

西から東までは2キロくらいとのことなので、
時間があれば歩いてみるってのもいいですね、たぶん。

でも、そんな人は見かけなかったけどね。

前に行った伊豆大島の三原山とは大きく違って、
まさに観光地って感じだったけど、
だからこそ逆に、なんかあったときが恐ろしいなーと思いましたね。

あ、そういえば、
あちこちで天然の硫黄や光る石を売ってました。

光る石は、光が当たると輝くらしく、
たぶん、鉱物がキラキラ光るんでしょうね。

硫黄は何に使うんだろう?
飛行機へは持ち込めないって書いてあったので、
雰囲気を出す程度のものなんですかね。よくわかりませんでした。

ってことで、阿蘇山おしまいです。