しかたなく6人に

台風が近づいていますね。変なコース取りで。
今年は多いかもって前にテレビで言っていたので、今年は注意です。

さて、先日、GLAYのライブを見に仙台に行ってきたわけですが、
会場だった「ひとめぼれスタジアム」はけっこう辺ぴなところにあって、
最寄り駅である利府駅からは歩いて1時間弱かかるというね。

その利府駅までも電車がたいして走っているわけでもなく、
なので、地下鉄に乗って泉中央というところまで。

そこからシャトルバスを出すというので、そのルートにしたのでした。

で、地下鉄に乗ったら、けっこうすいていたので座れたんだけど、
長い座席には6人が座っていたんだけど、ちょっと余裕がある感じ。

これ、詰めればもう少し座れんじゃないの?って感じだったんだけど、
シートの真ん中に手すりがあったから、なんとも微妙な感じでした。

帰りも座れて、一部では4人座っている人たちもいたんだけど、
やっぱちょっと窮屈そう。

普通の車両は、長い座席はだいたい7人掛けですよね。
それに6人ってちょっとぜいたくじゃないかなーって。

その辺が気になったので、帰りの車内で調べてみたら、
かつては手すりはついてなかったけど、後で取り付けたんだって。

もともとは7人掛けだったけど、真ん中に付けて6人掛けにしちゃったと。

一応、手すりを付けた理由は、
「立ち座りの際の支えなどとしてご利用いただけるよう」となってますが、
実際はこれだけではないようで、
7人掛けのはずの座席に5人しか座らないというのが課題だったんだそう。

真ん中に手すりをつければ少なくとも6人掛けにはなるわけで、
そうするために手すりを真ん中に付けたってわけなんですね。

だいたいの電車だと、私鉄では真ん中からちょっとずらしてつけて、
3+4で座れるようにしているわけだし、JRとかは2+3+2ですよね。

まさか7人掛けに5人とは、ちょっと仙台市民ひどくないですか。

座っている方は余裕があるのがいいのはそうでしょうけど、
座れなかった方の身になって考えればわかりますよね。

7人に6人しか座っていなくても自分はイラッとしますよ。
何様なんだって。ゆったり帰りたいならタクシーでも使えアホ、と。

疲れているのはあなただけではありません。
公共の乗り物ですよ。わかってますか。お願いしますねー。