ふたたび九份

今日はインフルエンザの予防接種を受けてきました。

数年前から学校では接種費用を負担してくれるようになって、
でも、ちょうど休みの日が接種日だったので、
その恩恵を受けることができなかったんだけど、今年は受けられました。^^

ありがたいことですね。まあ、有料でも受けるんですけどね。

さて、旅の話ですが、ふたたび九份まで戻ってきました。
そして、またあの基山路に向かうも、さらに人が増えている…。

また小腹がすいてきたので、何か食べたいなーと。
そこで目に留まったのが、かんなで削っているピーナッツ。
それを皮に乗せて巻いてるんだけど、何だろうかと思ったらアイスでした。
何でわかったんだっけかな。誰か日本人が話していたからかな。

イモのアイスを入れてるってことで、おいしそうだから買ってみました。
お店が2つあったけど、おじちゃんとおばちゃんががんばっている方で購入。^^

アイスはイモというかなんというか、あの味はどこかで食べたことのある味。
ピーナッツの粉とアイスのひやっと感がなかなかいい感じでした。35元。

それから、他の日本人観光客のおじさんが、
あそこの草餅を買ってく!と叫んだので、興味があったからついていくことに。

ビニールに緑のものがぐにゃっと入っていたものは見つけてたんだけど、
なんか気持ち悪くて、あれはいったい何なのだろうと思ったら草餅なのね。

中身がいくつかあって、何かはその日本人のガイドさんの話を盗み聞きして、
あんこが入っているものを買いました。普通にうまかった。1つ10元は安い!

草餅を売っているお店はけっこうあったんだけど、
そこのお店は大繁盛で、そのお店のオレンジの袋を持っている人多数。

あと、行列ができていたところがあって、おでん屋さん?
何のお店かさっぱりわかりませんでした。

さて、そこから再び例の階段のところに行きましょう。
先ほどは下からだけだったのでちょっとのぼってみました。

そしたら、そこには日本人がいっぱい。
日本の旅行会社の旗を持ったガイドの人が何人もいたので、またも盗み聞き。

九份は映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった街で、
さらに、その中に出てくる湯婆婆の館のモデルがこのお茶屋さんなんだと。

「阿妹茶館(あめおちゃ)」というお店で、
なるほどだから日本人であふれていたんですね。

てか、そのくらいは調べて行けよって感じですよね。
ちょうどお茶飲んでみたかったし、入ることにしたのでした。