グリーン車に乗車しました

もうそろそろ冬になろうとしているのに、
洗濯物を取り込むと、一緒に蚊がついてきたりするのです。

もういいでしょうが。

さて、なかなか旅の話も終わりませんねー。ようやく最終日です。
今回は新幹線の話からスタートです。

日月潭からのバスで高鐵の台中駅まで戻ってきました。
帰りは日本のグリーン車にあたる「商務車廂(Business Car)」に乗車。

普通車は700元だったのに対し、グリーンは1000元だったので、
だいたい1000円くらいしか差がないからグリーン体験にはいいチャンスでした。

日本のグリーン車ではどのようなサービスがあるのかは知りませんが、
台湾では飛行機の機内サービスと同じ感じでしたね。

アテンダントの方がいて、発車後まもなく飲み物と軽食のサービスが。
ジュースをチョイスして、軽食はスポンジケーキでした。

座席にはオーディオサービスがあって、中国の歌や、洋楽、クラシックが。
ヘッドフォンは言わないと持ってきてくれないんですけどね。
おそらく、聞く人がほとんどいないのでしょう…。

電源のサービスは日本だと普通車でもあるけど、台湾ではグリーンだけ。

高鐵グッズも売っていたので、買ってきました。メモ用紙とミニカー。
やっぱグリーンは快適でしたね。何と言っても気分がよい!^^

さて、11時に台北に到着して、15時過ぎには空港に行かねばならないので、
4時間で台北の中心部を見れるだけ見るって感じになりました。

いつもな感じがここでやってきました。

で、まず向かったのは中正記念堂です。蒋介石を記念して造られたものです。

地下鉄の駅もなんだか立派な感じになっていました。

記念堂前の広場には国家音楽院と国家戯劇院があって、
この建物たちもずいぶんときれいでした。

訪問した次の日が中華民国国慶日(建国記念日)だったので、
その式典で行うマスゲームの練習が行われていました。

記念堂には蒋介石の像が置いてあるのが外から見えるわけで、
あそこまで行くことはできないのかなーと思っていたら、
本来であれば、この正面の階段を上って行けるみたいなんだけど、
補修工事中とのことで、横にある入口から入れとのこと。

ぐるっと回って記念堂の中を見学してきました。